筑後船小屋駅

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動先: 案内検索
Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「筑後船小屋駅」の項目を執筆しています。

筑後船小屋駅(ちくごふなごやえき)とは、福岡県旧国名:筑後)久留米市あたりにある船小屋に併設された駅である。

船小屋駅。どう見ても駅には見えないがここに新幹線が止まるらしい。

概要[編集]

この周辺は元来に近く、運河が通っていたが、を止めるまともな港がなかったので、船が停泊できる大きな小屋を造った。これが船小屋の始まりである。ところが、時代が明治になり、周辺に鉄道を通すことになった。路線選定の際、船小屋は偶然予定線に引っかかってしまった。このまま船小屋は取り壊されるかと思いきや、ついでに電車も止めることで残すことに成功した。最初は盛況だった船小屋駅だが、時代と共に周辺の人口が減り、無人駅になった。

利用者[編集]

周辺の交通手段は船に頼っているので、船小屋周辺の人でも福岡市方面に用事があるときしか使用しない。近くの温泉も、船でのアクセスが主のため、ほとんど鉄道は使われない。熊本駅からの始発では遅いので、福岡県への始発駅として実質の信号所と思ってくれれば良い。

新幹線[編集]

そんなのどかな船小屋駅であったが、突然新幹線の計画が舞い込んだ。地元の政治家である誠ちゃんが「船小屋に新幹線を止めよう」などと勝手に言い出したのが始まりである。地元の人は船を使うのでもともと新幹線など望んでいなかったが、誠ちゃんの勧誘まがいの言葉巧みな説得により新幹線を止めることに合意した。両隣の駅に特急が停車していると言っても、船小屋駅のまわりは海と運河であるため、新幹線を止めたとしても経済効果があるとは思えない。つまり完全な政治駅ということになる。新幹線が開業したため、駅名も船小屋駅から筑後船小屋駅にグレードアップした。

駅周辺[編集]

2016年3月、ソフトバンクが駅前を開墾して牧場を開いた。鷹の調教と牛の放牧が行われる模様。

関連項目[編集]


Gomen.jpg この「筑後船小屋駅」に停車中の電車は、現在運転手がいないため発車できません。運転して下さる乗務員を求めています。 (Portal:スタブ)