就寝刑

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「終身刑」の項目を執筆しています。
Wikipedia
ウィキペディア専門家気取りたちも「就寝刑」については執筆を躊躇しています。そのような快挙を手際よくやりおおせたことは、我らの誇りです。

就寝刑(しゅうしんけい)とは、名前の通り、刑務所において死ぬまで一生眠らされる刑罰である。

概要[編集]

刑事裁判で就寝刑の判決を言い渡された者は、仮釈放がない限り原則として終身睡眠しなければならない。これは刑期を定めない、あるいは刑期の上限を定めないという絶対的不定期刑を意味するわけではなく、刑期の終わりが無い、つまり睡眠しなければならない期間が一生涯にわたるものを意味する。囚人は、死ぬまでの期間、一瞬たりとも目を覚ますことはゆるされず、常に寝ていなければならない。そのため、例え1秒でも目を覚ましてしまうと、刑務官により検閲により削除され、バキューン!!される。また、眠れないからといって麻酔などの薬を利用して一生眠ろうとすることは禁止されており、絶対に自力で眠らなければならない。このように道具を利用して眠ろうとした場合、刑務官に見つかった時点で検閲により削除される。もちろん、ドラえもんひみつ道具何とかしてくれると思ったりするのは誤りである。残念ながら彼は何もしてくれない。どうしても眠れない場合は、「が1匹、羊が2匹…」と羊の数を数えるくらいしか方法はないが、羊を数えている途中に、刑務官に起きていることがバレてしまった場合、その時点で命はないと判断するべきである。

就寝刑の残虐さ[編集]

死ぬまで一生起きることができず、常に就寝状態でなければならないというのは、人間にとって極めて過酷なことである。そのため、就寝刑がいかに残虐な刑罰であるかがわかるだろう。死刑廃止派の人物の中には、「就寝刑も死刑と同様に人道上問題が大きい」という意見を表明する者も少なくない。さらに、就寝刑について次のような意見を述べる者もいる。

人を一生牢獄につなぎ、強制的に一生眠らせる「就寝刑」は、「死刑」よりも残虐な刑罰である。また、「終身刑」であれば、死ぬまで一生牢獄で起きて生活することができるのに対して、「就寝刑」は死ぬまで一生目を覚ますことはできないため、「就寝刑」は「終身刑」よりも残虐な刑罰である。

一方、就寝刑を支持する者の中には次のような意見を述べる者もいる。

犯罪被害者にとっては、凶悪な犯罪者が例え刑務所にいようと、「終身刑」で目を覚まして生活していること自体が許せないため、「就寝刑」で一生眠らせて罪を償わせるべきである。

このように、複数の意見が出ていることから、就寝刑についても死刑と同様に存置派と廃止派に分かれている。

関連項目[編集]

将軍様の肖像.jpg 偉大なる将軍様はこの記事終身刑内容に満足していないことを表明し、更なる内容の充実と加筆を指導なさいました。人民はみな進んで加筆作業を進めることにより、この記事は更に良いものになることでしょう。 (Portal:スタブ)