結婚記念日

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動先: 案内検索
Aonisai.gif この項目には、青二才の君たちが見たくもない現実が含まれています。
君たちがまだ青臭い理想を抱いている場合、この記事の内容は受け入れがたいものである可能性があります。
現実を直視できない場合は、家に帰ってママのおっぱいを吸っているか、その場で精神崩壊して時が来るまで夢を見ていてください。
Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「結婚記念日」の項目を執筆しています。
Pixiv
同人マニアのために、ピクシブ百科事典では同人ゴロとその愉快な仲間たちが「結婚記念日」の記事を執筆しています。

結婚記念日(けっこんきねんび)とは記念日の一つ、語る立場によって意味合いが大きく異なるものである。

概要[編集]

結婚記念日とは読んで字の如く、結婚が成立した事を記念する日である。多くの場合は年に一度だが、月毎に同じ日を結婚記念日として定めることもある。基本的には夫婦のイベントであり、バカップルの「付き合った記念日」「キスした記念日」などの延長線上にある[1]。だが周囲にとっても祝い事の口実になるので、非法定記念日の中でも大切にされやすい[要出典]

結婚記念日には年次毎に名称があり(月毎には存在しない)、15年目の水晶婚式や50年目のダイヤモンド婚式が有名だが実際には85年目まで名称が存在している。その先が存在しないのは、有史以降結婚生活が85年も続いた例が存在しないからだとされている[要出典]

嫁にとっての結婚記念日[編集]

狩りの成功を祝う日であり、一生の安泰を勝ち取った事を華々しく祝うものである。

この日には高価なアクセサリー等を夫に買わせる大義名分が生じ、着飾って贅沢をする権利が無条件で与えられる。また上記の年次名称に応じた特典も存在し[要出典]、年をおう毎に盛大に祝おうとするのが普通である。

夫にとっての結婚記念日[編集]

自分の首に枷が嵌まった日であり、人生を奪われ奴隷に堕ちたことを嘆く日である。

365日の中の普通の日であるにも関わらず嫁に高価なアクセサリーだの高級レストランでの晩餐だのをねだられ、しかも拒否権は存在しない。万が一忘れようものなら苛烈な叱責を受け、人格否定含めた制裁を与えられる。

第三者にとっての結婚記念日[編集]

これは単なる「バカ騒ぎの口実」である。

嫁側の友人であろうと夫側の友人であろうと、とりあえず騒ぐ口実にはなる[2]ので、深く考えず酒のアテにしてしまう。またどちらかに横恋慕している場合、祝意を伝える口実でメールや電話することが出来る嬉しい日でもある[3]

脚注[編集]

  1. ^ その後「初めて生でした」「初めて中に出した」など記念日はどんどん増えていく。
  2. ^ いわゆる「何でもない日バンザイ!」。
  3. ^ これの場合は毎月やりたくなるのが常だが、毎月同じ日に「結婚○ヵ月おめでとうございます」とやってたりするとストーカー扱いされる危険性がある。

関連項目[編集]