緑の党

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

緑の党(独: Die Grünen)(英: Green party)は緑色を狂信的に崇拝する独逸の宗教団体。極左思想を持っているのも関わらずファシズムの活動形態も取り入れているため、海外からはグリーンファシストと呼ばれている。またイスラム政党である社会民主党や、左翼政党である基督教民主社会同盟は同盟関係と銘打って緑の党に支配されている。

概要[編集]

とにかく緑色を狂信的に崇拝する宗教政党である。20世紀半ばまでは迫害されていた立場であったこともあり、復讐とばかりに独逸を緑で支配しようと邁進し現在その夢に近づいている。表向きの政治思想としては緑を象徴する環境活動を全面的に主張しているが、ドイツがEU(=スイスやオランダ)の傀儡であることに重きを置く極左政党でもある。今日では緑色崇拝環境活動に打ち込む政党と認識されている。

沿革[編集]

国旗にも現れているように、ドイツはを古代から好む国である。そんな中、黄と対照的な緑は敬遠されるどころか迫害の対処となり、戦争でナチスが降伏するまで緑色を好む者は苦しめられていた。しかし独逸が米帝の傀儡となってからは、緑色の信仰も合法化されるようになった。歓喜する緑色信者としては紀元前より迫害されていたゆえ、いつまた迫害が再来するか怯えていた節があり、ソ連の暴走が危惧された時代の1979年に緑色の党が設立された。この頃はただ緑色の社会進出と権益を守るための監視を主としていた。ただ21世紀に入った途端に米帝が緑色の党を支援し始めた。というのもイラクいじめが終わった後の大統領爺ちゃんが、緑色の党を環境保護団体と勘違いしていたのだ。ただ米帝からの額は半端ではなく、緑色の党は緑の党と改名した上で、環境政党としての道を歩むこととなった。近年は移民お帰りなはれと主張するAfDと激しく対立し、現在もベルリン郊外を始め独逸各地で紛争じみた衝突が起こっている。ただ表向きの首相であった婆さんは緑の党に買収されているため、AfDを極右とし武力衝突を黙認している。

活動[編集]

20世紀までは基本的に緑色の信仰とその社会への展開を唯一の主としていた。緑の党支持者の家の屋根は緑であり、それによって近隣住民からの嫌がらせも頻発したが、緑の党のコミュニティは報復として近隣住民の家の屋根を緑色にしたりするなど過激な行動もかつては散見されていた。ただ近年は屋根ではなくドアを緑色にするなど比較的簡略化された。しかし21世紀に入って数年後には、環境路線にも手を出し始めた緑の党を極左と激しく非難したテレビ局に対して緑の支持者3000人が本社ビルに押し寄せ、その本社ビルを緑色に塗り替えてしまった。緑の党の緑への執着心は昔ほど変わっていないと専門家の多くは指摘している。また緑の党はファシスト党ナチスと同じように自警団と銘打って党軍隊を保有しており、主にAfDとの紛争に従事している。 また米帝の支援によって始まった環境保護活動では、米帝の後ろ盾をもとに与党を次々と買収し、グリーンテクノロジーを独逸にもたらしまくっている。

AfDとの対立[編集]

メディアで極右と報道されがちなAfDは「地球温暖化は人為的でない」と主張しており、環境問題への活動で荒稼ぎしている緑の党との関係は最悪である。環境問題への主張にかかわらず、他の諸問題への主張においても緑の党とAfDは対立関係にある。またただでさえ極左な緑の党は、党保有の軍隊を持以って極右勢力を非国民と定義し排除姿勢である。このため2000年代から緑の党軍AfDを支持するプロ市民による武力衝突が激増した。場所も官庁街国立公園から、そこら辺の道端まで広範囲であり、これがドイツの治安悪化の原因の筆頭となっている。しかしながら緑の党に買収された政府はこれを報道規制し、第一の原因を人種差別としている。また街中で起こっている大乱闘はネオナチ共産主義者による者だと捏造している。

関連項目[編集]