縦縞のユニフォーム

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動先: 案内検索

縦縞のユニフォーム(たてじま-)とは、大手コンビニエンスストアローソンにおいて着用されるユニフォームの通称である。

Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「縦縞のユニフォーム」の項目を執筆しています。

歴史[編集]

前史[編集]

1975年にダイエーの100%子会社としてダイエーローソン株式会社が設立されたが、この時点でのユニフォームは現在見られるようなの縦縞ではなかった[1]。1979年にリニュアールされた2代目ユニフォームも一面にローソンのロゴがちりばめられたもので、縦縞と呼べるようなものではなかった。

縦縞のユニフォームへ[編集]

現在見られるユニフォームの原型となるのは、1991年に登場した3代目ユニフォームである。青と白の縦縞を基調とし、前面の一部には桃色も取り入れられていた。この配色は現在まで続いており、「ローソンのユニフォームは縦縞」という印象を強く与えるものであった。2001年に導入された4代目ユニフォームは基本的には3代目のキープコンセプトであるが、有名ユニフォームデザイナーによってデザインされたものである。このユニフォームの特長として、使用済みペットボトルの再生糸によって作られていることにより、使用後にリサイクルできることが挙げられる[2]。また、ユニフォームを管理するためのICチップを付けられるようになった。

現在[編集]

5代目ユニフォーム

現在の5代目ユニフォームは2009年に採用されたものである。左右で縞の太さが異なる、左右非対称的なデザインが採られている。清潔感と機能性をあわせ持ち、明るくフレンドリーな店舗イメージが表現されているとされている[3]。このユニフォームが、「縦縞のユニフォーム」と聞いて多くの人が思い浮かべるものであろう。

これから[編集]

1号店オープンから40年を迎える2015年に、ローソンは2016年春夏にユニフォームのデザインを一新すると発表した。このユニフォームでは縦縞はユニフォームの面積の約半分を占めるのみとなり、「縦縞のユニフォーム」というイメージからは一歩後退したと言えよう。現に「前のユニホームのほうが良かった」という非難が相次いでおり、縦縞のユニフォームの今後は予断を許さない状況にある。

脚注[編集]

関連項目[編集]