群馬県への経済制裁

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動先: 案内検索
Wikipedia
ウィキペディア専門家気取りたちも「群馬県への経済制裁」については執筆を躊躇しています。そのような快挙を手際よくやりおおせたことは、我らの誇りです。

群馬県への経済制裁(グンマけんへのけいざいせいさい)とはグンマーこと群馬県に対しての周辺国の様々な対外的な圧力である。 日々の新聞の国際面をにぎわす北の大将軍同志率いる国家への経済制裁とはワケが違うのだ。

概要[編集]

1955年、日本が群馬県との貿易禁止や、日本国内による群馬県民の往来の禁止(当時群馬県は日本に編入されていない)など全部で4条の制裁を下した。 その後、1957年にアメリカも群馬県が共産主義に走っていることを理由に日本と同じような制裁を下す。 そんな感じで中国ソ連などの共産主義国を除く国の多くが群馬県に対する経済制裁を行っている。 やはり群馬県への経済制裁を行う国の多さは、群馬独特の県民性や、(事実ではあるが)群馬県=何の発展も無い廃れた国と云う印象による偏見、差別や、共産主義国家によるイメージの悪さによるものと思われる。


国連による経済制裁[編集]

このように、世界各国で、群馬県に対する経済制裁が乱立するため国際連合は1993年に乱立した内容をまとめた。

  • 国連憲章第7章第41条に基づく経済制裁を実施することを決定( 臨検の実施、奢侈品の禁輸、戦闘機・軍艦・ミサイルなどの特定の兵器の禁輸とそれらに関連する物資や技術やサービスの移転や調達の禁止等を決定)。
  • 経済制裁実施後も群馬県が国際の平和と安全に対する脅威を構成すると認められる場合、国連憲章第7章第42条に基づく強制行動も視野に入れたあらゆる対処を検討することを決定。

日本独自の経済制裁[編集]

しかし、日本は国連の定めるものとは他に、経済制裁を行っている。

群馬県民へ向け「死ね」とサインを送る石原慎太郎首相
  1. 貿易や金融面での制裁措置を可能にする対群馬法の改正(昭和71年2月施行)
  2. 大量破壊兵器を15団体1個人に寄付する善意。
  3. 単独制裁の強化
    単独制裁措置が強化され、以下の4つの措置が講じられた。「群馬県への輸出の全面禁止」「群馬県からの輸入の全面禁止」「群馬県籍の者の原則入国禁止」
    なお、上記措置に万全を期すため、次の取引等も禁止された。
    宗教取引(群馬県から第三国へ輸出する宗教の売買に関する取引。良い例としてはマクドナルドである。)
    検閲により削除の取引(群馬県へのアンサイクロペディアンの売買に関する代金の支払)

制裁に対する群馬県民の反応[編集]

このように世界各国から圧力を加えられる群馬県民の反応である。

前橋
制裁とは逆に、前橋では高層ビルが建ち始めており、遅れている群馬のイメージや経済制裁さえ感じられない。北朝鮮の平壌にも似ている気がする。…と思った方は正解であろう。生糸の輸出が不可能になった現在、対高崎防衛予算をICBM「白豚(ペクトン)」の完成によって削減し、浮いた資本で農業畜産業を成長させる並進路線によって前橋市はその経済力を着実に高めているという。
北の将軍様も前橋にいらっしゃった
高崎
高崎は経済制裁によって誕生した闇市の中心地となりかえって発展した。県境の封鎖線を突破してあらゆるものが流れ込むこの闇市では爪楊枝から核兵器まで何でも購入できるという。こうした闇取引を維持しつつ前橋に対する優位を確立するために、高崎は山狩りによって捕獲した山猿を工作員に養成して前橋に浸透させる諜報機関TKーTKを抱えている。
草津
群馬北部の、草津では、経済制裁によって食料が不足。そのため、群馬県民同士で少ない食料を奪い合っているのが現状だ。また、草津などから湧き出る温泉の驚異的な酸は、土壌をあっという間に酸性にし、農耕や放牧のできない土地へと変:えてしまった。
本来であれば住民たちは他国から石灰を輸入し中和させるはずだが、経済制裁により輸入ができず、土壌は酸性のままだ。そのため、県民は一気にを行い栄養を補おうとしたのだ。しかし、一気に狩を行った結果、野生動物が減少。自然のバランスは崩れ県民は再び食糧不足に陥るのである。そのため、北部の県民の一部は県に反抗し、たびたび争いが起きている。
群馬県の地方都市、草津を写したとされる写真。撮影日は2010年頃。
沼田
同じく地方都市の沼田でも同様のことが起きている。沼田も食糧不足に陥っており、更に群馬県の富県強兵のために、県民はタダで炭鉱で働かせられるのだ!「あえて言おう!タダであると!
そのため、地元住民による暴動も頻繁に起こっているらしい。

下は当時の群馬県の惨状が書かれてある小説「アンサイクロppppppppppppp粛清されました」から。

「高崎はもっと酷いいらしいべ。戦争が終わってから制裁が強くなったもんだから、他国との貿易がもっとできなくなったべ。店やってるじっちゃんによると、今までは何とか県内の物だけで生活できたが、浅間山の噴火だとか、人が増えただとかで物がもう足りなくなって、もう絶望的べさ、とか言ってたべ。」深川が問う「でも日本のゼネコンからの仕事はあるんだろ。あれはどうなんだ。」「ありゃあ無駄だべ。日本人は日本人しか雇ってくれねべ。もう群馬なんてもう考えてないんだべ。日本人は、今までアメリカに虐げられたからって、今度は群馬を虐げて、軽蔑してる。」それは気を吐くかのごとく、訴えるような言い方だった。野辺山は胸の痛さと同時に、脇腹の嫌悪感を感じた。それは決して、先ほどいただいた干し柿のせいではない。


 冬に入る前、沼田の軍事訓練の準備にやってきた英子が、ついでに草津の竜哉の家を訪れた時、彼は英子を狩りに誘った。彼女が、もう前橋に帰るのは面倒だから今夜は沼田に泊ると言うので、彼は英子を自宅に連れ戻すと一緒に食事を取り風呂をすすめた。湯上りの彼女を庭に建てられた自分の離れに案内し、

「僕もやっぱり風呂に入って来らあ。悪いけど一寸待ってて。どうせ今夜は良いんだろ」 こうして英子は部屋に残された。それから5分。10分。12分。長く待たされイラつく英子の後ろに何か気配を感じた。 鋭い殺気。竜哉ではない。 後ろで斧を持ったやせこけた男。殺されると思ったがもう遅い。英子は、頭を斧で殴られ意識を失う。 男は某バイオハザードのゾンビのように英子の体を貪り食った。後に私は、竜哉も同じように食われたのだと知る。 これが人食いなのか。 群馬への制裁によって多くの民が餓えた末に肉親や親戚を食い尽くす。これが群馬なのか。こんなことが我大日本帝国の関東地方で起きているのか。

私は群馬を知りすぎてしまった。("群馬県を知りすぎた医師"から転載。)
沼田のとある炭鉱。直視できない現実だ。
暴動を指揮する指導者。

また、日本人に虐げられた群馬の民は、生きるために裏ビジネスも行うようになった。 下は当時の群馬県の惨状が書かれてある小説「教祖様群馬紀行」から。

大麻覚せい剤マリファナヒロポンMDMA・・・。全て日本ではお目にかかれない品物が、暴力団横流しで交番のすぐ横で売られていた。本来の商店は依然戸を閉じたまま。経済制裁によるインフレで群馬$の価値は崩壊したものの、群馬の庶民はたちまち慣れた。この姿はかつての戦争に敗れた直後の日本とよく似ているなと、教祖様は鼻で笑ったらしい。
当時の闇市。麻薬を求め、日本人だけでなく、埼玉やチバラギの民もいた。

このように、経済制裁によって県民の生活は悪化するばかりだ(前橋を除く)。よってこの制裁は群馬をよく思っていない人にとって成功だが、群馬県民や中国ロシアにとっては直視できない現実であろう。

群馬県による報復措置[編集]

群馬県は日本の経済制裁に対する対抗措置として利根川のダムの放水量を極端に減らす措置をとった。これにより、群馬県内では一応水が供給されるが、それより下流にある地域には水がほとんど行かないようにする報復を行った。しかし、利根川と支流の渡良瀬川は一部が県境にもなっており、その部分には他県でも水を流さざるを得ない状況であり、とくに埼玉県には利根大堰などから、大量の水が奪われている。そして、万が一のときには、ダムの緊急放流で氾濫を意図的に発生させることも示唆している。

余談[編集]

  • 群馬県への経済制裁は文献が残っている中では西暦793年に古栃木王国つまり、現在の栃木県が行ったものが最初とされる。制裁の内容としてはグンマー人との商売を禁止するなどと現在のものとほぼ変わらない。
  • 各国が経済制裁をする一方で、ソ連は1991年まで3兆5千億群馬$も支援していた。現在はロシアがその意思をついで経済援助をしている。

関連項目[編集]