羽根直樹

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
Souji.png
2ちゃんねる警告
この記事は2ちゃんねるに精通した人しか面白さを理解できない内輪ネタのようです。
2ちゃんねるネタを2ちゃんねるネタであると理解できないと(この記事を楽しむのは)難しいんだな。
記事を改良しないといけないだろ、常識的に考えて……

羽根直樹(はね なおき、またはするのね、1976年8月14日 - )は囲碁プロ棋士なのね。日本棋院中部総本部所属なのね。

人物なのね[編集]

するのねは元王座の羽根泰正を父に持ち、親子揃っての七大タイトルホルダーは史上唯一なのね。張栩山下高尾と並んで四天王と称されてるのね。「〇〇は我々四天王のなかでも最弱・・・」のポジションを高尾さんと争ってるのね。

のねってなんなのね[編集]

 以前、国際戦で羽根が韓国の若手二人を撃破したことがあって、その時、韓国メディアが「羽根は意外と強い」的な評をネットに載せたのね。それをネットの自動翻訳で日本語に訳した時、羽根の「羽」の文字をなぜか「する」という動詞として理解してしまったのね。で、「根」と強引につなげるものだから、「羽根直樹」がみんな「するのね直樹」と翻訳されてしまったのね。「羽根」は文頭にくることが多いから、逆に文末のように見えたため、それ以来「するのね」になったのね。それ以来、「本因坊するのね」とか呼ばれたりしてるのね。決してするのねの顔がマキバオーみたいに野暮ったいからじゃないのね。んあー、カシュケード。

力の源 天ぷら蕎麦[編集]

するのねの力の源は天ぷら蕎麦なのね。それも温かいのなのね。平成23年本因坊戦七番勝負では、初日に出雲そばを選択して敗れたものの、そこから天ぷら蕎麦に切り替えて、「上乗せ/別盛」「フルーツ付け」「おにぎり付け」のように「勝てる天ぷら蕎麦」の組み合わせを試行錯誤し続け、巻き返したのね。天ぷら蕎麦の組み合わせの研究には定石の研究よりも力を入れてるのね。場合によっては鴨南蛮が妙手となることもあるのね。奥が深く難しいところなのね。

本因坊戦を主催する毎日新聞も昼食の重要性をよく理解していて、ダイジェスト中継では必ず昼食を写真付きで報じてくれるのね。感謝なのね。他棋戦も見習うのね。

するのねの秘密[編集]

816 名前:名無し名人[sage] 投稿日:2011/07/11(月) 21:52:42.05 ID:EzJgHYZc
すごい事に気が付いた。


ハネナオキって、名前の中に囲碁用語がふたつもあるじゃないか。

こんなプロ棋士は、後にも先にもするのねただひとりだけだろう。


生まれもっての才能もずば抜けているに違いない。
是非ともタイトルを穫ってもらいたいものだ

819 名前:名無し名人[sage] 投稿日:2011/07/12(火) 20:12:41.06 ID:7nz9xwcz
すごいすごい!
それは大発見なのね。

外部リンクなのね[編集]

Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「羽根直樹」の項目を執筆しています。