職人

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動先: 案内検索
この記事にはユーモアが不足しています。治療には十分な栄養と日光愛情砂糖が必要です。
ユーモアの摂取方法にも十分気をつけましょう。

職人(しょくにん)とは、己が職業に人生を捧げた御仁へ贈る称号である。最上級者は「」と称される。

実際[編集]

「手に技術を持っているから有利な金員を得ることが出来る!」「お得だ!」などとといい聞かされているのに、結局、不当に安い賃金で暑い夏の現場や、寒いの現場で危険な作業に従事して、落ちてきたパイプでけがをしたりする存在。

ごくまれに、盗んだパイプで走り出す存在が居るとか居ないとか。

職への情熱の度合いによってランク分けがなされている。最高ランクでは生きながらにして国宝と認定されてしまい、逝ってからは博物館で展示されてしまう事になる。

携帯電話を使っていても、なぜ電話が出来るのかは理解できない。もちろん、オサイフケータイなどという機能は使わない。1000円以下の金は小銭である。

毎朝コーヒーを飲む。10時にコーヒーを飲む、昼にコーヒーを飲む、3時にコーヒーを飲む、5時にコーヒーを飲む。若い職人が買いに行くことになる。お釣りはお駄賃となる。計算が面倒なので1本200円といえば素直に払う。

意外と割り算が出来る。とんでもない割り算が必要なやつは9で割ったり13で割ったりすることが得意。ただし、掛け算や分数が苦手。

職人気質[編集]

基本的に完璧主義である。アート系職人は作品に「駄目だー!」などと難癖をつけては、地面に叩きつけてたりして破壊する事が日課となっている。

ちなみに、ラジオ番組の放送第一回目から存在しているハガキ職人は中の人である確率が高い。なにせ、番組が始まる前から番組の存在を知っているくらい完璧なのだから。

種類[編集]

服装[編集]

  • ガテン系職人

作業服、リュックサック、命綱、タオルを頭に巻く。安全靴を履くので革靴を持っていない、だから友人の結婚式に平服でよいという記載があれば作業服で行く。

ヘルメットはかさばるので、そのままオートバイに乗る。警官とけんかになると「おう、田中じゃないか、久しぶりじゃないか」などという言葉を発する。

信号は参考にする。自分の安全は自分で守る習慣があるので、左右さえ大丈夫なら轢かれることはない。

  • アート系職人

作務衣、ぞうり、頭にはバンダナか手拭い。ひげはそらない。自分が見えるものが藝術だから、鏡で見えるものは虚像なので、無精ひげという言葉は存在しない。 ひげは、石器でそる。

  • ハガキ職人

NEETの項目を参照。

休日[編集]

常に勉強あるのみ。

  • 峠を攻める、ただし、原付

なお地方都市に行くと普通自動車免許を取得してる人が多いらしいとの噂がある。

関連項目[編集]

Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「職人」の項目を執筆しています。