帰巣本能 (人間)

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
Wikipedia
ウィキペディアンがとても偏っている証拠に、「帰巣本能 (人間)」の項目はまだありません。アンサイクロペディアンとの格の違いを見せつけてやりましょう。
Pixiv
同人マニアのために、ピクシブ百科事典では同人ゴロとその愉快な仲間たちが「帰巣本能 (人間)」の記事を執筆しています。

帰巣本能(きそうほんのう)とは、生まれた場所過去に過ごした場所へと戻ろうとする本能的行動。本稿では人間にとっての帰巣本能に付いて記す。生物全般については帰巣本能へ。

概要[編集]

人間の帰巣本能は雌雄で大きく異なり、基本的には男性の方が強い傾向にある[1]。また年代によっても左右され、十代半ば以降で強まるが六十代以降は弱体化するとされている。ただしこれはあくまで帰巣衝動の弱体化であり、機能自体はほぼ残るという説もある。

よく行われる行動としては疑似帰巣行動が挙げられる。これは実際に移動するのではなくその場所を思い浮かべて思いを馳せる行為で、帰巣衝動が強い時期は朝晩数回のペースで行われるという[要出典]。またある程度の収入がある場合疑似帰巣施設で同様の行動を行う場合も多い。

帰巣行動の例[編集]

まずは対象となるに対し強い執着を感じるようになり、そこへ入り込もうとする。中には強引な侵入を試みたり、入ることなく周囲を観察し続けるなどその行動は多彩である。一般的には巣へ到着しやすくするため周辺の整備を行う事が多い。

首尾よく巣に到着し、そのを慣れ親しんだ巣に戻した時には感動に近い快感を得るという[要出典]。ただし完全に巣に戻りきる事はまずなく[2]玄関先を中心にして行動したのちマーキングしただけで終わる事が殆どである。

だが帰巣衝動が非常に強い場合や長く帰巣欲求が満たされない場合、帰巣願望が強く出て何事も帰巣に置き換えてしまう事もある。全身巣に入ろうとして強引に拡げたり裏口から入ろうとするなど問題になるケースもあるので、定期的に発散しておくべきだろう。

脚注[編集]

  1. ^ 一部の女性が男性に近い帰巣本能を持つが、全体からすると少数派である。
  2. ^ 帰巣衝動が芽生える頃には既に身体が成長しており、巣に収まらない。

関連項目[編集]