自問自答

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

Q.この記事は何ですか? A.「自問自答」です。

Wikipedia
Q.ウィキペディア専門家気取りたちも「自問自答」について執筆していますか? A.いいえ、執筆していません。そのような快挙を手際よくやりおおせたことは、我らの誇りです。


Q.この節は何ですか? A.この記事の概要です。[編集]

A.いいえ、私がきちがいです。

Q.概要とは何ですか? A.物事の大まかな主旨や流れなどを意味する言葉であると辞書に掲載されています[1]

Q.それでは自問自答の概要は何ですか? A.自問自答とは自らに問いかけて、自ら答えをいうことを意味するとwebサイトに載っていました[2]

Q.それだけですか? A.それだけです。

Q.短くないですか? A.字面が地味な四字熟語なのでこんなものです。臥薪嘗胆やら酒池肉林とは違って見た目のインパクトも無ければ歴史も無いので。

Q.この節は何ですか? A.アンサイクロペディアにおける自問自答です。[編集]

Q.つまり、どういうことですか? A.一般的な「自問自答」で話を広げてもユーモアが生まれるとは考えにくいので、ここではアンサイクロペディア内の話に限定します。

Q.一般的な方の自問自答はどうするのですか? A.ウィキペディアに任せます。

Q.では、アンサイクロペディアにおける自問自答とは何ですか? A.おそらく3000バイトの障害物5000バイトの壁という悩みです。

Q.「おそらく」? A.アンサイクロペディアで活動している利用者が他にもいるので推測です。

Q.これらの悩みとは具体的にどういうことですか? A.対象の記事を見た方がずっと早いので上記のリンクをクリックして見てください。

Q.ここでは説明してくれないのですか? A.この記事はあくまで「自問自答」についての記事であることとアンサイクロディア内で2度同じことを書く必要性はないからです。

Q.5000バイトの壁を越えられませんよ? A.5000どころか3000届くかどうか怪しいのは確かですが、書いても見てても辛くなるような事実を突きつけないでください。

Q.この節は何ですか? A.この記事の余談です。[編集]

Q.余談とは何ですか? A.何らかの役に立つことを見込まれていない話であるとウィキペディアに書いてありました。要するに雑談です。

Q.この記事についての余談とは何ですか? A.過去・未来において内容が大きく変わる(変わった)ことです。

Q.どうして内容が変わるのですか? A.複数の利用者が自由に編集することができるからです。

Q.どのような内容に変わりますか? A.未来のことは分かりませんが、過去の「自問自答」については右上の履歴表示から辿ることができます。

Q.内容が変わるとしたらどんな可能性がありますか? A.内容が増える(減る)・記事のテイストが大きく変化する・この記事が消えて赤リンクになる等です。

Q.この記事が消えるとするならば、つまりユーモアセンスがなかったということになりますが? A.大事なことなので2回言いますが、書いても見てても辛くなるような事実を突きつけないでください。

Q.今見ている内容を残したい場合はどうすれば良いのですか? A.もしアカウントを持っているならば、自分のサンドボックスに内容をコピペするという方法があります。

Q.アカウントを持っていない場合はどうすれば良いのですか? A.MicrosoftWordやらlibreofficeなどの文書作成ソフトウェアにコピペすれば解決します。

Q.そこまでするほどの価値がこの記事にはありますか? A.ないと思います。

Q.この節は何ですか? A.この記事の注釈です。[編集]

Q.注釈とは何ですか? A.文章や専門用語について補足・説明・解説するための文書や語句であるとウィキペディアに書いてありました。

Q.この記事の注釈はどれですか? A.下記になります。

  1. ^ Q.どんな辞書を用いていますか? A.weblio辞書を使いました。
  2. ^ Q.どんなwebサイトを使いましたか? A.こちらのwebサイトを閲覧しました。


Q.このテンプレートは何ですか?A.スタブテンプレートです。厳密には自由スタブです。 (Portal:スタブ)