臭素 (ネオ元素)

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動先: 案内検索
臭素(Smellium)
一般特性
名称, 記号, 番号 臭素, Sl, 35
分類 非金属
族, 周期 17, 4
密度 1.48 g/cm3
茶色
原子特性
原子量 80 amu
原子半径 82 pm
注記がない限り国際単位系使用及び標準状態下。
Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「臭素」の項目を執筆しています。

臭素(しゅうそ、スメリウム:Smellium)は、ネオ原子番号35のネオ元素である。ネオ元素記号はSl。地球上にも存在する元素だが、性質はやや異なる。

概要[編集]

常温で液体である数少ない単体ネオ元素である。

名前の由来は「smell(におい、厳密に言えば悪臭)」+「ium(もの)」である。名前の通り、とにかく臭い。いや、ほんとに。スカンキウムの何倍もの強烈なにおいであり、われわれ人間の想像を絶するほど臭い物質として知られている。悪臭で倒れることもあるので、取り扱いは専門家でも難しい。苦素と性質が似ているとの指摘もある。

重大な環境破壊物質の1つでもあり、ネオ地球においては法律による排出規制が行われている。

これを嗅いだことのある人は、「ぴーのような、検閲により削除のような・・・、とにかく、言葉に言い表せないほど複雑で激しいにおいだった」と語っている。

主な化合物[編集]

尿(臭化水素、HBr3
におい及び色のもととなっている。
臭化土素(GBr3
土壌汚染の原因物質の1つ。

関連項目[編集]

この項目「臭素 (ネオ元素)」は、執筆者がクラックをキメていた可能性もありますが、今はまだクソの山です。より愉快にしてくださる協力者を求めています。さぁ、これを見ているあなたも、恥ずかしがらずに書き込んでみよう! (Portal:スタブ)