航空機関士

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動先: 案内検索
この記事にはユーモアが不足しています。治療には十分な栄養と日光愛情キノコが必要です。
ユーモアの摂取方法にも十分気をつけましょう。
Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「航空機関士」の項目を執筆しています。

航空機関士 (くうこうきかんし) とは、航空機に乗務し、航空機の向きや高度以外の状態を制御する業種である。

略歴[編集]

銀河鉄道会社で運行される666号機関車

航空機関士の業務は、1920年代にオービル・ライトが初飛行を成し遂げた直後から行われるようになった。

当時はエンジンにエネルギーを供給したり、壊れたエンジンを飛行中に修理するなどの業務も担当していた。

航空機の向きや高度に関しては、飛行士が担当するため、通常は関知しない。一方で、飛行士もエンジン出力をおおざっぱに動かすことがあるが、航空機関士が、その雑な設定をみて勝手に正確な数値に直してしまう。

1950年以降は、航空機の動力近代化と共に、燃料をエンジンにくべたり、飛行機の翼にぶら下がってエンジンを修理するなどの作業はほとんど行われなくなった。一方で、客室が暑すぎるだの禁煙サインを消せという拝火教徒の苦情に対応する業務も行うようになった。

1980年以降は航空機のワンマン化が進み、ワンマン運転に対応できない(車掌を必要とする)航空機は減少の一途をたどっている。運転室内の計器も減少したが、床から壁から天井までアナログ式の計器が大量に並んでいる状態は素人目にはあまり変わっていないようである。

現在は航空機関士の業務は、自動化がさらに進んだことで不必要となり、航空機関士という業種を廃止した路線や会社も多くなっている。しかし、動力の近代化に伴い機関車は減少したものの、内燃機関を使用した航空機はまだ多数が飛行しており、世界的には航空機関士にまだ多数の需要が残っている。軍事用途でも多数の航空機関士が業務を行っている。

業務[編集]

空間鉄道での一般的な航空機関士席

現在の航空機、もしくは空間軌道においては、列車無線の取扱い、前方の監視、加減速などを担当している。客室のドア扱いは車掌が行うが、ワンマン路線では航空機関士(動力分散型の空間軌道では運転士)が行う。

例えば、大銀河本線で使用されるC62型蒸気機関車では、ストーカーが装備されたため機関助士は不要となり、ATOを装備しているため航空機関士による駅間での乗務員の操作は全く不要である。レトロ客車を使用する999レ以外の列車ではドア扱いを要し、車掌は1名乗務している。故障時には航空機関士が乗務するため、車上信号や動力関係の計器は通常通り床や天井に至るまでびっしりと搭載されている。

航空機の向きや高度については、CTC線区では信号所で分岐器を集中管理しており、自動化の進んでいない区間や非常時には駅長等が分岐器扱いを行う。

なお、電化区間では、動力集中型の機関車に乗務する運転乗務員を航空機関士と呼び、動力分散型の列車では航空運転士と呼称する。

関連項目[編集]