花嫁修業

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動先: 案内検索
Wikipedia
ウィキペディア専門家気取りたちによって「花嫁修業」はリダイレクトページになっています。変なページに飛ばされるので、クリックしても意味はありません。
Pixiv
同人マニアのために、ピクシブ百科事典では同人ゴロとその愉快な仲間たちが「花嫁修業」の記事を執筆しています。

花嫁修業(はなよめしゅぎょう)とは、日本特有の女性向け職業訓練期間を指す言葉。

概要[編集]

花嫁修業は主として10代後半以降の独身女性が行う[1]もので、家事技能や慰安スキルの修練や知識の拡充を狙うものである。ヨーロッパを中心とするキリスト教文化圏で盛んなフィニッシングスクール[2]が社交界でのマナースキルを重視するのに対し、花嫁修業は家庭内での活動に主眼を置くのが特徴となる。その為教育機関ではなく実家を使って修業する事が殆どだが、嫁ぎ先が既に確定している場合に限り相手方で修業する場合がある。

歴史[編集]

結婚後の生活を円滑に行う、という意味での花嫁修業の歴史は奈良時代まで遡る。しかしそれは上記フィニッシングスクールでの教育に近く、上流階級に限定されるものであったとされている[要出典]。その後長くその考え方が続き、戦国時代を経て貴族階級が権威を失って武士の時代が訪れると、花嫁修業という考えは「社交よりも家内の安全」を重視する方向になっていく。

そして明治以降、女性の社会進出に関する考え方が変化していくと結婚は「進路選択の一つ」となり就労訓練としての花嫁修業が盛んに行われるようになる。この考え方は現在でも健在であり、就学を終えた独身女性が花嫁修業の道に入るケースは一般的である。また現代では家事そのものは簡略化されているものの種別は大きく増えている為、花嫁修業が長期化する傾向にある。それを示すのが平均初婚年齢の上昇だが、修業不足による早期離婚増加に比べれば社会的な懸念としては大きくない為あまり問題視されていない[要出典]

一般的な花嫁修業[編集]

ダッフィー首吊ってる.jpg

結婚生活の先輩である母親が花嫁修業を仕切るイメージが強いが、これは修業の初期だけである場合が多い。母親が花嫁だった時代とは家事技能等の優先性が変化しており、あくまで当時の知識/技能は参考としての役割に留まる為である。また教える場合もいわゆる「見稽古」として自分の家事を見せ、その中から学ばせる手法が主流である。逐一指示をしてやらせる、というのは少ない。

また長期化するにつれて、技能の習得よりも即応性や瞬発力を重視するようになっていく。例えば清掃スキルの場合、「常に綺麗な状態を保つ」から「普段通りに乱雑にし、必要な時に短時間で綺麗にする」という方向へとシフトしていく。これは実際の家庭内活動が、様々な予定外要因によって混乱しがちである為トラブルへの対応力を上げる必要があるからである。右図のように散らかした部屋の場合、熟練した花嫁修業者ならば数十分でピカピカに仕上がる[要出典]

脚注[編集]

  1. ^ 男性が行う「花婿修業」は、基本的に存在しない。
  2. ^ 日本にも「花嫁学校」としてかつて輸入されたが、現在は行われていない。

関連項目[編集]

この項目「花嫁修業」は、嘘です。よく近所の物知りおじさんが教えてくれた豆知識も大抵は嘘です。アンサイクロペディアを真に受けてはいけないのです。大事なのは、ジョークを笑い飛ばす心の広さです。