荻野貴司

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動先: 案内検索
Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「荻野貴司」の項目を執筆しています。
Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「ピノ_(ゲームキャラクター)」の項目を執筆しています。

荻野 貴司(おぎの たかし)は、千葉ロッテマリーンズに所属する屈強な男たちが固い肌色の棒を手で握りしめ力強く速く振り、白いものを柵より遠くに飛ばして点を入れるスポーツの選手で、以前ファミスタでプレイしていた際にはピノを名乗っていた。春の妖精である。

概要[編集]

奈良県の郡山高校から関西学院大学、トヨタ自動車と球歴を重ねて来たが、ある日の試合で野手と交錯してしまい失神し、目が覚めるとファミスタの世界に迷い込んでしまっていた。しかし彼は持ち前の野球センスを活かし、ナムコスターズの一員として「ピノ」という登録名でプレイ、2年目からレギュラーを奪取し10年近く不動の1番打者を務めた。打率は2割5分程度、本塁打は多い年で4本程度であるが、彼の本分はなんと言っても走力であり、1塁から盗塁すればキャッチャーの送球が2塁へ到達するまでに本塁まで帰ってくることができるほどである。これほどの走力を持っているため多くの投手が警戒しフライアウトにしようとするのでピノの打撃成績は芳しくないが、もしゴロを打たれればたちまち内野安打となり盗塁で即失点につながるためやむを得ないことである。
しかしナムコスターズでの屈強な男たちが固い肌色の棒を手で握りしめ力強く速く振り、白いものを柵より遠くに飛ばして点を入れるスポーツの選手生活が10年目に入ったある日、不幸にも送りバントが小フライとなったため帰塁しようとしたランナーと1塁付近でまたも交錯し気を失ってしまう。気がつくと1塁付近では西岡剛が倒れており、ピノ自身はピンストライプのユニフォームに身を包んでこの光景を見つめていた。以来彼はロッテ期待のルーキー・荻野貴司として千葉ロッテマリーンズの2番打者を務めている。

特徴[編集]

ナムコ時代のランニングホームラン
  • 彼の魅力はなんと言っても走力である。荻野貴司となってからは驚異的な走力を発揮するといろいろややこしいので本来左打ちであるところを右の打席に入ったり、わざと遅れたタイミングから盗塁を行ったりして自重しているが、ごくたまに一塁線へのバントをセーフティバントにしたり、ライト前への当たりを二塁打にしたりと本来の能力を少しだけ発揮することがある。
  • その走力は一説によるとイチローと肩を並べるほどらしい。選手名鑑には50m6秒の俊足と書かれているがこれは真っ赤な嘘である
  • ある日の試合ではライトフライの際にハーフウェイで捕球を見届けてから一旦1塁に戻りタッチアップ、2塁を陥れるという離れ業をやってのけた。この瞬間が映像では確認できなかったため走塁時にワープしているか、何らかの方法で空間を縮めることで速く走っているのではないかと考えられている。
  • わりと普通に三盗を成功させることができる。ベースの近くから全速力でスライディングするのでちょっと怖い、と思っていたらひざを痛めてしまい2010年シーズンは5月中旬にリタイア。非常に残念である。
  • 2010年は上記の通り怪我のため46試合の出場にとどまったが25個の盗塁を記録している。仮に同じペースで盗塁を続け144試合出場していたとすると78盗塁ペースとなり、かつてロッテに在籍していた内野守備の達人が持つ新人のシーズン盗塁記録を破り、2位以下に20個近い差を付けぶっちぎりで盗塁王を獲得している計算になる。
  • 足が速いだけあって守備範囲はイチロー程ではないが広く、イチロー程ではないが肩もそこそこ強い。たまに止まれなくなってフェンスに激突したりするのはご愛嬌。
  • ナムコスターズ時代は4番打者並みの警戒を受けていたため目立った成績は挙げていないが、イチロー程ではないにせよバッティングも巧く、難しいコースの球を内野ゴロにし自慢の足で内野安打にすることができる。
  • 2011年に遊撃手にコンバートしたかと思ったら、又怪我。早くも多村仁志に代わる2代目スペランカー候補に。
  • 毎月の始めに「荻野は来月に帰ってくる」という噂が立つ。2010年に優勝し、新しく増えたファンからは「荻野という架空の選手が諦めない希望となっている」と思われている。
  • 2011年の応援歌は「駆け抜けろ病院まで、荻野貴司」
  • と思ったら2012年からはまたまた外野手登録。偶数年は外野手で奇数年は内野手なの、君?
Nemurineko.jpg この節を書こうとした人は途中で寝てしまいました。
後は適当に頑張って下さい。(Portal:スタブ)

その他[編集]

  • 荻野の応援歌に「駆け抜けろホームまで、荻野貴司」というフレーズがあるが、これは荻野がピノであるということを見抜いた一部のロッテファンから塁に出たら一気に本塁まで盗塁しろという意味を込めて叫ばれていたのが、いつの間にか定着し応援歌となったものである。
    • 2014年5月14日、ランニングホームランを達成。ピノが復活をとげたかと思われたが例年どおりケガをし溶けていったようである。
  • 2010年の交流戦前日の記者会見に、旬な選手として招かれた。そこで横浜の内川には、荻野に対する“盗塁封じの秘策”の一端を明かされている。
    しかし、週刊ベースボールの5月31日号に掲載された、やくみつる氏の4コマ漫画だと、“真の秘策”で封じられようともアッサリ掻い潜り、応援歌のフレーズ通りに本塁まで奪う軽快な走りを実践している。
Nemurineko.jpg この節を書こうとした人は途中で寝てしまいました。
後は適当に頑張って下さい。(Portal:スタブ)

関連項目[編集]

Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「荻野貴司」の項目を執筆しています。
Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「ピノ_(ゲームキャラクター)」の項目を執筆しています。