葛西敬之

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動先: 案内検索
Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「葛西敬之」の項目を執筆しています。
「彼は我々の強い味方です。洗脳教育を促進し東京一極集中を促進してくれますから。」
葛西敬之 について、安倍晋三
「彼こそが昭和の膿を落とした張本人です。それが出来ないのはただの廃墟になる。」
葛西敬之 について、JRグループ

葛西 敬之(かさい よしゆき、1940年10月20日 - )は、東海旅客鉄道JR東海)の名誉会長。名古屋共和国こと愛知県ではトヨタ自動車張富士夫征夷大将軍、現代の徳川家康)と列ぶ権力者と言われており、「現代の豊臣秀吉関白太政大臣)」と目されているアホボンである。しかし、彼は兵庫出身で国鉄時代に静岡鉄道管理局を勤めていたので、名古屋共和国の基質は後付けであると言えるのだが。

国鉄改革[編集]

この態度に抵抗する311系電車。

1963年、東京大学法学部を卒業後に日本国有鉄道(国鉄)へ入る。当時から国鉄は労使紛争が激しく、国鉄労働組合(国労。全勤務者対象)や国鉄動力車労働組合(動労。機関士の組合)が幅を利かせ、鉄道員がヤミ休暇、勤務時間帯の入浴、上への不満があればすぐにストライキ、挙句の果てには飲酒運転や派閥闘争を行うなど、利用者を完全に無視した荒廃状態へ陥っていた。結果、国鉄は自動車航空機に客を奪われ、25兆円もの債務を抱えて破滅に至った。

葛西は中曽根康弘と同様に、荒廃の中核であった国労を目の敵にして、組合員職員を徹底的に排除する構えで改革に乗り出した。そのためならば、かなり少々汚い手でも平気で用いたとされ、これが彼のダーク的側面を強めるにつながっている。

結果、国鉄労働組合は分裂と縮小を起こして少数派へ転落し、輸送の安定を第一とする(はずだった)現在の体制を作り上げ、合理主義でつまらない会社にしてしまった。走ルンですな考えしかないのは東海道新幹線・313系電車も同じである。

JR東海発足後[編集]

関連企業・政治家がやっちまった時の火災関白の態度。(一例

本来、紀伊半島の東の付け根を占める愛知県は、西の付け根を占める大阪府と同じくJR西日本のエリアに入るはずだった。しかし、当時の運輸大臣であった疑惑のデパートこと三塚博が、「京都人や大阪人に東海道新幹線を持っていかれたら、ボクチンのお庭(=東京)にいる愛犬(=東京の国会議員中央官僚マスコミ・大企業)が弱っちゃうよー!ウワーン、ママー!!」という邪推を振りかざした為、JR東海という存在理由が不明な会社が急遽設立され、紀伊半島のうち三重県の大半(亀山以東と新宮以東)と愛知県は、JR西日本から強引に切り離され、JR東海に入れられた。この悪影響が回りに回って、JR西日本は西暦2005年エクストリーム・謝罪で優勝したわけだ。

JR東海は「JR倒壊」「JR東海道新幹線」「JR新幹線」と揶揄される通り、東海道新幹線が地震で倒壊したらそのまま倒壊しそうな鉄道会社である。JR東海が発足すると、初代社長に偉大なる須田寛相談役が就任した。彼は鉄道趣味者にも「その名の通り」寛容で、ブルートレインや急行列車の廃止も彼のポケットマネーで何とか延期させ、非電化ローカル線にハイグレードな車両を導入し、航空会社や他鉄道会社との共存も図った。ただ、あまりにも緩い経営方針は合理的ではないと見なされ、7年後に葛西は社長に就任した。

葛西体制下のJR東海では、トヨタ自動車を真似た徹底的な合理化や名古屋鉄道を潰すための意地の悪いダイヤ改正、日本航空全日本空輸より客を奪うことだけを考えていたといわれており、結果として須田時代のムダな要素(食堂車、ローカル線のクロスシートetc.…)は全て削られることになった。また、運転士に深夜手当を払うことも無駄とされたため、ダイヤ改正の度に寝台特急が削減されていった。線路を借用するJR貨物に対しても、「線路が痛むから速度を上げるな」と難癖を付けるなど、JR他社との関係は葛西体制下で極度に悪化した。中部国際空港の開港に際しては「空港輸送などバスで十分」とJRによる空港線の建設を拒否、さらに万博後にはJRバスも撤退させており、中部空港に閑古鳥が鳴く状況を作った。静岡空港に対しても駅の建設を拒否し続けている。

2000年9月11日に濃尾地方を襲った大豪雨の際、在来線は運休させていたにも関わらずドル箱の東海道新幹線だけは無理して走らせたおかげで新幹線の渋滞が発生し缶詰になると、「あれは未曽有の大災害が原因で、正常で適切な運行だった」と釈明し、同年のエクストリーム・謝罪でJR東海が準優勝を得ることに貢献している。なお、彼自身もその雑魚寝ホテルに乗り合わせていたが、車内にある隠れ家(多目的室)に逃げ込んだため、ぐっすりと休息できたそうな。

現在では自社全額負担のリニア中央新幹線の敷設へ力を注いでおり、アメリカ合衆国にマグレブ式リニアを敷設するというどう見ても無謀な持論を雑誌で述べたこともある(連中にあんな緻密なモノなど動かせるわけは無かろうに)。なお、中国への輸出は技術をパクられる恐れがあるので禁止措置をとっている。裏を返せば、アメリカ人が日本の技術をパクることなど不可能、と見切っているのであろう。

葛西の後を継いだ松本社長及び山田社長の率いるJR東海は、須田と葛西の中立の立場を取っているように見えるが、依然実権を握っているのは会長として院政を敷いている葛西である。葛西以降のJR東海は在来線の国鉄車両を全廃して名古屋近郊以外には汚物仕様の313系(しぞーか汚物)やキハ25系(ディーゼル汚物)ばかり走らせたり、運転席の後ろからの撮影をさせなかったりと鉄道オタクを敵に回すことになった。鉄道を趣味とする者を徹底排除する方針を打ち出しており、入社試験で鉄ヲタ成分が垣間見えた学生は一切採用しないよう社内に極秘通達を出した(須田時代はヲタ成分があっても能力が高ければ入社できた)。鉄道を趣味とする者は葛西を害悪と断定している。

2010年1月29日、JR東海は山田佳臣副社長を4月1日付で社長に、松本社長を副会長に据える人事を発表した。本来ならば葛西が相談役に退いた上で松本が会長になるべきところだが、会長の椅子の座り心地の良さに心酔していた葛西は松本以下の重役陣をまったく信用できず、副会長ポストをわざわざ新設して「松本を昇格させつつも部下のままで留め置く」というセコい手を使って院政を維持した。

ところが同日、東海道新幹線神奈川県内において、架線を吊る「補助吊架線」が切れて停電、東海道新幹線は3時間以上運転ストップ、ダイヤは終日混乱した。この補助吊架線が最後に交換されたのはなんと国鉄民営化前の1985年であったことが判明。トヨタ自動車を真似たような徹底とした合理化が裏目に出た格好になった。ほぼ時を同じくして欧米でトヨタ車のリコール騒ぎが起きたのも、奇妙な因縁と言うべきか。

しかし、卜ヨ夕より政治力は凄まじいのか幾度と無く日本政府から呼ばれるなど社内外における影響力は絶大であり、「井手商会」よりも彼の権力は磐石であると言える。

2012年7月、コスト削減能力を買われ、政府の宇宙政策委員会の委員長に就任。日本の超小型衛星の権威である東大の中須賀教授や山崎直子・元宇宙飛行士からの「国際宇宙ステーションは微小重力環境を利用した基礎研究として重要」「宇宙での国際協力体制は維持するべき」という意見を、「すぐに金にならない技術は不要」と一蹴。2015年で「きぼう」実験棟の運用を打ち切る方向性を匂わせる内容の提言をまとめた。

2013年12月16日、JR東海は来年4月1日付で柘植副社長を社長に、山田社長を会長に据える人事を発表した。ようやくこれで葛西も隠居かと思いきや、代表権(≒経営権)のある「名誉会長」ポストを新設して就任すると発表。またしても「部下を昇格させつつも部下のまま置く」手法で院政を維持した。葛西は社長&会長時代だけで既に18年もJR東海を実効支配しており、20年以上の長期政権になるのは確実と見られている。もはや院政というより独裁政権と言ったほうがいいかもしれない。トヨタ自動車以上の徹底した合理化や、アメリカへの新幹線・リニア輸出といった政策も、引き続き葛西のもとで推し進められることが確定的となった。

思想[編集]

個人的な経験かどうか知らないが、とにかく特定アジア2国である中国韓国を憎みきっており、その思想を富裕な国民に広げるために、雑誌「WEDGE」を創刊し、主に新幹線グリーン車利用客の洗脳を計った。普通車や在来線特急の座席背面ポケットに配置されていないのは、グリーン料金すら支払えない貧乏人の洗脳など無駄であるからに他ならない。 一方、台湾に対しては好意的で、700系をアレンジの上輸出し「台湾新幹線」を建設。ところが、中国に新幹線車両を導入する計画が持ち上がるとJR東海・西日本はさっさと撤退し、当初は計画に無かったJR東日本が後を継いでE2系を導入したのであった。そして、これをベースに作り事故ったCRH2形は救命活動のないまま、生き埋めにされたと言う名誉会長でも行わないえげつない行為は流石に当の火災でも検閲により削除と思っただろう。予感は的中したのである。台湾でも700系の提供はJR西日本であり、JR東海側はフランス絡みになったら撤退している。そして、川崎重工業をN700系「のぞみ」台車HEATの随分前から見限っており、日本車輌を完全子会社化して攘夷を唱え囲い込みをした。お隣東急車輛から「総合車両製作所」に変わったイメージではあるが基本的に在来線ベースなので新幹線はどうしようもない

次に教育面に手をつけるために、トヨタと合弁で少年刑務所「潰瘍学園」を作った。のちに、この施設は福本伸行により異常に誇張されて「人間学園」という名前で作品に登場することとなった。

混迷を極める日本経済の行く末を憂慮しており、「そろそろどこかで戦争でも起きてくれないことには、日本経済も立ちゆかなくなってきますなあ。さすがに日本の国土でどんぱちやられたのではたまらないから、私はインドあたりで戦争が起きてくれれば、我が国としては一番有り難い展開になると思ってますよ。」と、とある会食の席上で発言している。しかし、原発問題と言うエネルギー戦争が起き、川崎火力発電所をJR束から信濃川での弱みに漬け込んで、どう独占しようかで戦略を立てていると言う噂もある。まあ、第二次世界大戦も利権と原油とかのエネルギー獲得を生死を掛けて行ったエクストリームスポーツだったしね。

関連項目[編集]