葵せきな

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「葵せきな」の項目を執筆しています。

葵 せきな(あおい せきな)とは、日本の女性自宅警備員である。

人物[編集]

美少女であるとされ、ファンの間では「セッキーナ」という愛称で親しまれている。 同じく美少女として名高い井上堅二水瀬葉月と親交がある。

優秀な自宅警備員として非常に多忙な生活を送っており、休暇を取って外出することは平均月に1回程度だけである。 深夜の業務も活発に行なっており、そのことは彼女のブログが午前4時などの通常ではあり得ない時間に頻繁に更新されることからも窺える。

また、自宅警備員としての業務と並行してゲームのレビュアーとしての仕事も多くこなしており、彼女がプレイしたゲームの評価はブログで逐次発信されている。 弟がおり、対戦ゲームなど複数人でプレイすることが推奨されるゲームのレビューの際には、ネットワーク機能を用いて弟とともにプレイすることが多い。

多忙により睡眠などの生活サイクルが非常に不安定になりつつも以上のような激務を平然とこなす彼女の姿が、多くのファンに愛されているのは間違いないであろう。

作家としての一面[編集]

彼女は副業として、漫才・コントの台本を書く仕事をしている。 彼女の作るネタは代表作「生徒会の一存」に見られるように基本的に2人もしくはそれ以上の登場人物による掛け合い漫才の形をとることが多い。 しかし一部過激な表現を含む作品も存在し、「マテリアルゴースト」ではネタの途中で主人公が死亡するという展開で視聴者を驚かせた。

2000年代後半のお笑いブームに伴うネタ見せ番組の増加によって徐々に彼女の仕事が脚光を浴びることとなり、彼女の書いたネタ本の発売も決定した。 富士見書房より発売されたネタ本「生徒会の一存」シリーズは2012年1月末までに既刊16冊を数え、その総売上は累計400万部(公称)を突破している。ただし、「生徒会」シリーズについては北海道に住む高校生がゴーストライターとなって実体験をもとに執筆しており、葵は名義を貸し巻末のあとがきのみを担当しているという疑惑も持たれている。

2009年に親交の深い作家である大楽絢太が吉本興業の養成所に入ったため、今後彼女自身が大楽とともにお笑い界に殴り込みをかけてくるのではないかと予想されている。 前述の通り彼女の書くネタは既に多くの支持を得ているため、将来のM-1グランプリ出場など活躍が大いに期待される。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]


この項目「葵せきな」は、執筆者がクラックをキメていた可能性もありますが、今はまだクソの山です。より愉快にしてくださる協力者を求めています。さぁ、これを見ているあなたも、恥ずかしがらずに書き込んでみよう! (Portal:スタブ)