ミツバアオイ

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
葵の御紋から転送)
移動先: 案内検索
Wikipedia
ナニモノかがウィキペディアに「ミツバアオイ」の項目を執筆しましたが、要出典厨削除厨の暗躍により削除されてしまいました

ミツバアオイとは、フタバアオイの変種で、鎮静作用のある芳香を放つ薬草として知られる。

概要[編集]

ミツバアオイの元となったウマノスズクサ科のフタバアオイは、日本各地に古くから自生している植物で、一説によるとその香りは興奮作用を持つとも言われ、フタバアオイの葉っぱの臭いに貴族たちがわらわらと集まってきて騒ぎ始めたのが京都葵祭の初めともいう。そのため葵祭を主催する加茂神社の境内ではフタバアオイが栽培されていたのだが、この興奮作用に目をつけた、三度の飯より戦が好きな三河武士(加茂神社と関係が深かった)たちが戦場で興奮剤として活用すべく品種改良を重ね、その結果誕生したのがミツバアオイと言われている。

このように本来、興奮剤としての効果をさらに高めるべく生み出された薬草であったが、武士たちの目的に反して、出来上がったミツバアオイには何故か強力な鎮静成分が含まれており、フタバアオイとは真逆の効能を発揮することとなってしまった。このミツバアオイは三河武士団の勢力拡大を影で支え、徳川家康天下を取るまで辛抱強く待つことが出来たのも、家康がミツバアオイの成分を抽出した丸薬を服用し、焦る心をぐっと抑えて心を落ち着かせていたからなのである。家康といえば薬作りを趣味としていたことで有名だが、その中でもミツバアオイは彼を天下人たらしめたまさに勲功第一の薬草であった。

徳川家の天下に貢献したミツバアオイであったが、その薬効の強さはフタバアオイの比ではなく江戸時代になると衆人を惑わす一種の麻薬として厳しく規制され、幕府の限られた人間以外は所持することさえも禁止された。そのため一般の人間がミツバアオイの芳香に触れることは稀であったと見られているが、『水戸黄門』を始めとする現代の時代劇では、ミツバアオイの芳香を前にしてそれまで大暴れしていた人々がなすすべもなく崩れ落ち、ひたすら平身低頭する様が描かれており、多少の誇張があるとはいえミツバアオイの鎮静作用がそれほどまでに強力であったことを伝えている。しかし何故か、徳川家の一族にはミツバアオイの芳香はほとんど通用しなかったようだ。これについて、前述のように徳川家康が日頃からミツバアオイを服用していたため、徳川一族にミツバアオイへの耐性が生じたという説があるが定かではない。また、京都の公家などにもあまり効かなかったと言われているが、こちらは興奮作用を持つフタバアオイの効果によって中和されたともいう。

明治時代になるとミツバアオイは解禁され、現代では徳川家に関係する土地などでは気軽に見ることができるが、何故か鎮静作用はほぼ失われており、鎮静剤としての効用はもはや期待できない。これについて、同時期に一部で栽培され始めたとの関係も指摘されている。

関連項目[編集]

Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「三つ葉葵」の項目を執筆しています。