蒼い子はいらない子

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動先: 案内検索

蒼い子はいらない子』(あおいこはいらないこ、Needless Blues)は、1914年に発表された児童文学

概要[編集]

本作は、アメリカ合衆国オクラホマ州主婦、サマンサ・ジョーンズ(1862 - 1944年)によって執筆された児童文学である。彼女の半生を描いた自叙伝であるが、その一方で彼女の祖母にあたるミランダ・ホップスのものと思われるエピソードもあり、完全な自叙伝では無い。ユーモアのある言い回しと、逆境にめげずに笑い飛ばす豪胆な女の子であるサマンサの、冒険物語である。

なおこの作品の原題と邦題の食い違いだが、これは邦訳に際して当人に了承を取り付けに行った日本人編集者が、余り英語が得意ではなかったために会話中に飛び出した『必要ない青』という発言を、晩年の彼女が大変に気に入り、そのまま使われることとなったという逸話がある。現在同書の版権は孫のシャーロット・ヨークが保有しているが、作者自身の遺志を尊重するため、日本ではそのままの題名で出版する事を条件としている。

一部では「少女版ハックルベリー・フィン」とも言われている作品だが、その一方ではマーク・トウェインが描ききれなかった現代アメリカ社会の構造的欠陥を鋭く風刺した作品だとも評価されており、世界各国で愛読されている。近年では2003年にイラクでも翻訳版が出版され、同地の少女がアメリカナイズされたウーマンリブに感化されているとする声も聞かれる。

ストーリー[編集]

サマンサは蒼い子。
以下に物語のネタバレが含まれます。

サマンサは、ソバカスだらけの顔にいつももつれた巻き髪の女の子。接ぎの当たったズボンのポケットにはビー玉だの古釘だの錆びたナイフを突っ込んで、男の子顔負けの腕白に育っていた。街の煙突掃除人である父にくっついて、年中煤まみれな生活をしていたが、ある日父親が屋根から落ちて大怪我をする。みようみまねで父の仕事を継いだが上手くいかず、彼女は田舎の叔母の家に引き取られる事になった。

叔母は地域の名士と結婚していたため、非常に汚らしいサマンサを邪険に扱う。この扱いに自分は要らない子なんだとサマンサは自覚し、家を飛び出してホームレスに混じって生活するようになる。

物語は幾つものエピソードからなり、を何頭も拾って荷車を引かせて屑鉄集めをする話、アルバイトで教会の床を磨きまくる話、自称芸術家の男が鐘楼の上で下手糞なトランペットを夜な夜な吹く話、ギャングが街に来た話、銀行の頭取が無くした銀時計を見付けて届ける話、悪戯で川で釣った魚を大量に広場の噴水に放す話など様々な冒険談によって綴られている。

関連項目[編集]