蒼き流星SPTレイズナー

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動先: 案内検索
スポイラー
スポイラー

警告:以下の文章にはネタバレ、いわゆるスポイラーが含まれています。これにより記事はより空気力学的に洗練され、その結果としてより高速で疾走できるようになります。

もしあなたが、アルバス・ダンブルドアセブルス・スネイプに殺害されることや、俺こそが伝説の怪物(I am Legend)だったことや、かばんちゃんはミライさん髪の毛から生まれたヒトのフレンズだったことや、エースが海賊王ゴール・D・ロジャーの息子であることや、シュウジとちせだけが生き残ることや、ブルースはロックマンの行方不明になった兄であることや、秋月信彦は結局シャドームーンになってしまうことや、「先生」は「私」が父親の病気のため里帰りしている時に自殺して遺書を郵送してくることや、アンサイクロペディアウィキペディアのパロディであることを知らないのであれば、充分注意して、救急箱を手放さないようにしてください。
僕の名はエイジ、地球は狙われている!
宇宙計画 について、アルバトロ・ナル・エイジ・アスカ
約束ってのはするときより破るときの方が刺激的で面白れぇンだぜぇぇぇ!
死鬼隊 について、ゴステロ
脳が痛い
SPTレイズナー について、ゴステロ
誰か説明してくれよォ!!
上記の発言 について、視聴者

蒼き流星SPTレイズナー』(あおきりゅうせい えすぴぃてぃ レイズナー)は、1985年頃に全38話が放送されたロボットアニメである。途中現実的な事情により打ち切りとなってしまうが、後に『完結編』がOVAで発売してある。

ストーリー[編集]

1996年、人類は宇宙へ飛び出し火星まで進出したが、その頃続いていたアメリカソ連の冷戦がなんと火星まで拡大してしまう有様。その危ない火星という火に入るなんとやらで、国連主催のコズミック・カルチャー・クラブ(宇宙体験教室)の若者達がその星に到着して間もなく、突然やってきた謎の機動兵器SPTによる攻撃に遭ってしまう。そんな無謀な彼らを救ったのは、ある意味勢いだけでやってきたグラドスの少年アルバトロ・ナル・エイジ・アスカが駆る蒼いSPTであった。こんな状況から始まる物語である。

愉快な登場人物[編集]

≪以下の内容には『完結編』も含まれている≫

アルバトロ・ナル・エイジ・アスカ 
本作の主人公。地球人である父ケン・アスカと、グラドス人である母との間に生まれた混血児。グラドスの身勝手な事情で地球が狙われていることを知らせるため青いSPTレイズナーを強奪し、地球ではなく火星にやってきた。地球に到着後は地球側の科学者達にいろいろへんな検査をされ夕方の時間帯にブラウン管の前で男のヌードをさらしてたが、自分の身のことよりも強奪してきたレイズナーの心配をしていた。
グラドスの地球侵攻の総攻撃に対して単身で応戦し、その後行方不明となってしまうが、グラドスが地球制圧後にひょっこり姿を現し、以後レジスタンスを支援した。ストーリー後半あたりからトンファーを駆使した我流拳術とどう考えても北斗神拳のアノ方を連想してしまう格闘技を身につけ、それを使うようにしている。彼がどこでどのように潜伏していたのかは不明だが、無謀な突っ込みという中でちゃっかり生きていた彼の強運には目を疑ってしまう。
ゴステロ様
グラドス軍大尉。特徴的な口調が印象的だが、一見すると『野蛮な服装したイカレタおっさん』である。彼の事を一言で表すと「まさに外道とかド畜生とか悪魔とか鬼とか血も涙も無い人間とか基地外とか人でなしとかロボでなしとか恐怖の大王とかスイーツ(笑)とかきゅうきょくキマイラとか極悪非道とかもはや人外」等と表すことのできる最高にして最悪の悪役。
人殺しはお手の物、虐殺から口封じの為の人殺し、反逆等は情け容赦なく殺すことで粛清、むしろ殺すことに快感を覚えるいわゆる殺人鬼とかそんなもの、快感を感じすぎて脳がはちきれそうにもなる。
火星にてレイズナーとの戦闘で撃墜され誰もが死んだと思っていたが、彼のまた後に(サイボーグとなって)復活し、ル・カインの親衛隊・死鬼隊に入隊していた。サイボーグとなってからはその異常性がさらにエスカレートしていった。
結局あまりにも殺しに執念深すぎた為に死鬼隊に復讐しようとしたら返り討ちにあって死亡、死因はタンコブに押しつぶされた。
ル・カイン
グレスコ提督の息子。どう見ても南斗水鳥拳の使い手‥‥本当にありがとうございました。グラドス地球占領軍の司令官として活躍し、結果として地球を制圧するまでに至った。パイロットセンスは天性的なもので、極端にプライドが高く自信家である女性に対して曲がった愛情を抱いているようだ。ある日、父グレスコから司令官解任を言い渡されたため彼を射殺している。余談だが、彼の長髪は実はカツラであり、この事は周囲の人々も知っている。

登場メカニック[編集]

SPT[編集]

SPT
Super Powered Tracerの略で、 本作に登場する人間が搭乗する人型機動兵器の総称である。シャア・アズナブルと同趣味のようで、頭部にコックピットがあるのが大きな特徴である。サイズは10m弱とやや小さめ。
SPT-LZ-00X レイズナー
正義感あふれる少年が奪ったSPT。開発にはエイジの父ケン・アスカが関わっている。レイズナーを調査した国連スタッフの談では使用されている部品に“メイドインジャパン”の文字が有るとか無いとか。他のSPTには少ないV-MAXを使える機体で、操縦できるのはアルバトロ・ナル・エイジ・アスカだけである。ストーリー終盤にて、ル・カインの駆るザカールの戦闘らよって壊れている。
SPT-ZK-53U ザカール
少年に奪われたレイズナーを元にして造られた最新鋭のSPT。ここにもシャア・アズナブルの影響か、キンピカピンの機体であり頭部の部分には赤色のカラーリングがされている。性能は期待どおりのもので、元にしているレイズナーを上回り、V-MAXを超えたV-MAX・スーパーチャージを使うことが出来、これを駆使してレイズナーとのガチンコバトルに快勝している。

関連項目[編集]

Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「蒼き流星SPTレイズナー」の項目を執筆しています。
  • SF
  • サンライズ
  • 三洋電機 - スポンサーであり、打ち切りの元凶。
  • 伊藤静 - このアニメの大ファン。「アルバトロ・ナル・エイジ・アスカ」とフルネームで言わないと怒られる。