蟲師

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

蟲師(むしし)とは、村社会から無視されている無私なる蟲師の物語。

概要[編集]

この漫画原作の作品は蟲という奇妙な無死の生物に纏わる怪異を解決する蟲師と蟲に憑かれた男女の物語。主な舞台は村人がを結っていないのに江戸時代のようにみえる農村。蟲に憑かれた多くの男女は、不可抗力で憑いた蟲の所為で、多くが村人から隔離されるように無視されたまま数年間も生活を送っていた。

蟲師は蟲の問題を解決すべく無私の精神でやってくる。しかし、蟲を妖怪変化として日本刀で問答無視と切り刻んで蒸し焼きにするのでなく、憑かれた男女への助言係に徹するのが基本である。

蟲が実害を与えぬ限り、共存して生きることを蟲師は患者や村人に説く。排斥を受ける人間にとって、その言葉は時代を問わず励みの言葉である。その言葉が21世紀になって2回に亘るアニメ化の動機となった。しかし、村社会に住む対象視聴者の多くは、その言葉と構成を複雑怪奇にして女子の影を無視していて時間帯の枠の中であまりに異端過ぎると忌避して放送の存在そのものを無視したと伝わる。それでも、普段はアニメを無視している層の評価を多く獲得したと伝わる。

構成[編集]

ギンコという名の銀髪の男が、髪型を無視されたままに蟲に憑かれた男女の話を受けてやってくるところから物語は始まる。ギンコは蟲師として、ちょっとした事例からどんな蟲なのかをタチドコロに解き明かし、様々ある蟲の作用には一切重複がないことを説明する。

そして、ギンコは主人公としての役目を無視して何もしなくなる。相談者の患者に対して、一定の助言は行うが、言葉だけで蟲に取り込まれてしまうようなことを実力で止めることは原則ない。患者が蟲に呑み込まれそうになって初めて行動するのが蟲師の職分である。蟲と戦闘して怪異を祓うのは子供の作法であり、決して大人たる蟲師の流儀ではない。具体的な解決策は患者の方にあるのであり、全ては患者の自主性に委ねられる。

助言が効いて、患者が蟲の被害を克服した場合、ギンコは蟲師として賞賛される。助言を聞かなかった患者が蟲の世界に完全に取り込まれて帰ってこなかった場合、ギンコは無視して自らの責任を無視する。村人もいなくなった患者たちを無視する。

蟲の解説を受けた患者の行動は一様ではない。逃げちゃだめだと行動した結果、逆に蟲に全てを掌握されてしまった例は数多い。逆に、大した対策をとらないまま村人と関係を修復し、蟲とも共存できた例もある。主人公は蟲の本質を解説しただけに過ぎない。何をすべきかを患者へ十分に伝える技量がなくてもやっていける蟲師という職業は、村社会から無視される流れ者にとって絶好の職業のようだ。

映画版[編集]

その静謐な世界は実写映画化もなされ、国際映画祭に出展された。AKIRA監督による映画化に当たっては、実写映画のお約束として、原作にはあまり登場しない女蟲師蒼井優濡れ場を用意し、聴衆の関心を引き付けようとした。

制作陣にとって、これはあくまで無嗣なる単作完結の映像作品に過ぎなかった。「前座はお楽しみいただけましたでしょうか?本番の漫画版ではより無私なる蟲師ギンコの活躍を描いています」と挨拶したが、「なぜ映画祭の場で本気を出さない!?」と苦情が殺到し、表彰の場にて無視された存在となった。

関連項目[編集]

Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「蟲師」の項目を執筆しています。