衆道

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動先: 案内検索
サクラサク.jpg
全ては衆道のために
歴女執筆資料
本頁は衆道の鑑賞と愛玩をこの上なく愛するアジア系歴女アン・ミコカにより執筆されました。
衆道精神はアジア文明を代表する悠久にして至高の歴史伝統です。
衆道なき戦国武将、幕末志士、大日本帝国人物は即ち単なる去勢されたサムライであり、
衆道なき日本史にヤマトダマシイなど一切望めません。
また、衆道なき三国志人物は去勢された男性であるため、
衆道なき三国志に男子の本懐や男の魂など一切望めません。
Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「衆道」の項目を執筆しています。

衆道(しゅどう、若しくはしゅうどう)とは、神道仏教の教えを元にして発達した「男として守るべき道理」を意味する言葉。江戸時代に武士階級の間で広まった為「武士道」とも呼ばれる。

概要[編集]

神道及び仏教において、女性は基本的に「ケガレ」として扱われていた[1][要出典]。宗教的な意味合いを抜きにしても、医学知識の発展に乏しい時代には「出血(=経血)」は死と病気を連想させ余人を恐れ戦かせるに十分だったとされる。その為、ケガレから距離を取り自らを高潔に保とうとする努力を尊ぶ教えが生まれていったのである。

また禁欲を尊ぶ苦行信仰と呼べる精神性も相まって、戦国時代に入る頃には女性への性欲を振り切って生きる姿が美学の領域へと達する事になった。それでも残る肉体的な欲求について、「如何にしてケガレに近づかず発散するか」という議論が巻き起こり、その結論として「男同士で発散しあえば良い」という考えに至ったという。そして、それを中核として「粋な生き方」「主君への忠誠心」などを表現する手段として発展させていったのが「衆道」という教えである。衆道はやせ我慢と硬派さを美徳とし、「武士は食わねど高楊枝」「男心に男が惚れる」などの言葉は衆道の考え方から生まれたものとされる。なお元々「衆」は僧侶を意味し、その根底が上記の通り宗教的なケガレの概念から来たという事を示している。

利点と反応[編集]

衆道が一般的な性愛に比べて優れていると言われるのが、子供に関しての心配が要らないと言うことである。「御落胤[2]」を気にしてきた武家の一族にとってはまさに福音であり、家督相続に必要な一子だけを作成したら後は女性を遠ざけるのが武家の常識になったという[要出典]

また非武装かつ無防備な裸体を晒しあい、お互い腹に逸物の無い状態[3]で忠誠を誓う/誓わせるというスタイルは家臣と主の絆を強固なものとし、戦国時代の「武士は七度主を変えてこそ一人前」という武家文化は衆道が普及しきった江戸時代には死文化になっていたと言われている[4]

そう言った「求道」を続ける男性を好む女性も多かったというが、もちろん衆道に身を置く男性は女性に興味を示さない。しかしその硬派さは更に人気を高め、江戸の女性たちの中には衆道に更ける男性の錦絵やそれを扱った黄草子を好んで購入する好事家もかなりの数に上っていた。彼女らは「決して相手にされない、不毛な愛に耽っている」として、自ら「腐女」と名乗ったとされるが、公式な書物に記録はない。

脚注[編集]

  1. ^ 厳密に言うと、神道の「ケガレ」は禊によって祓う事が可能(黄泉平坂から帰ったイザナギが禊をして清めた事例を参照)だが、仏教においては釈迦の女性蔑視を例に出すまでも無く永続性を持つ。
  2. ^ 地位のある男性が、下々の女を孕ませた結果生まれた私生児。家督争いや遺産相続の原因となりやすく、武家では忌み事とされた。
  3. ^ その際、逸物は股座に位置する。
  4. ^ 逆に「武士は忠節を良しとし、一人の主に終生仕えるべき」と言うのが江戸武士の心意気となっていた。

関連項目[編集]

Bad green Potato.png
この記事は腐っています! 鼻が曲がります!!!

しかし、腐っているのではなく醗酵していると主張なさるのであれば、あなたが熟成させてください。もしかしたらおいしくいただけるようになるかもしれません。