ぎょうと区

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動先: 案内検索
Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「行徳」の項目を執筆しています。
ぎょうと区の衛星写真

ぎょうと区行徳(ぎょうとく)は、千葉県西部の行徳島に存在する地方自治体

概要[編集]

主に3つの地域にわかれ、行徳地区、南行徳地区(別に南にあるわけではない)、妙典地区に分かれる。 また各地域の北部と南部で旧市街勢力と新市街勢力での紛争が絶えない。

区の中心を東京トトロ東西線行徳浦安バイパス行徳街道が打通している。

  • 行徳地区

焼き鳥用の野鳥を飼っている広大な公園行徳野鳥観察舎行徳鳥獣保護区)がある。 その隣には宮内庁保有の鴨場があり、たまに天皇陛下皇太子殿下ご一行がハンティングにいらっしゃることも。また、敷地内には密猟者監視のと、南北の紛争に巻き込まれないために陸上自衛隊鴨場駐屯地が存在する。ここでの密猟は死を意味する。

  • 南行徳地区 

萌えっ娘神様「竜王宮タソ」が祀られている公園がある。

  • 妙典地区

神仏具を多く生産している。神社寺院も多く旧市街勢力の信仰の街となっている。


いずれの地区も比較的海に近く、海風をまともに受ける場所でありながら 元が地下鉄のはずの東京メトロ東西線は高架を走っているため 強風が吹くと容易にインフラが寸断され、陸の孤島となる。 しかし、住民はかねてよりそうした状況に備え 24時間営業の西友1軒、スーパー3軒、その他本屋、和菓子屋、ステーキハウス、もつ鍋や、洋食屋など 多くの店を誘致し独立自活の体制を整えているため、さほど気にしていない。

歴史[編集]

  • 戦国時代、里見八犬伝に行徳村が登場。
  • 1955年、行徳村からぎょうと区に昇格。
  • 1950年くらい、当時の南部に存在した広大な田んぼや塩田のど真ん中に東西線が開通。これによって区南部の開発が急速に進む。新市街勢力の誕生。
  • 1973年、南北戦争勃発。行徳駅周辺で市街戦が発生する。
  • 1985年、南北戦争終結。鴨場を残しぎょうと区全体が焼け野原に。
  • 2000年(だったっけ?)、妙典駅開業に伴い今まで旧市街が圧倒的勢力を誇った妙典地区も遂に新市街勢力に押される。

行徳の知名度の高さ[編集]

数年前の建築偽造騒動で某一級建築士の実家が妙典地区にあったことに加え、昨年の某英国人教師殺害事件の現場も行徳地区。出身地を説明するのはとても簡単。


隣接する自治体[編集]