見通しの良い片側一車線

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動先: 案内検索
Wikipedia
ウィキペディア専門家気取りたちも「見通しの良い片側一車線」については執筆を躊躇しています。そのような快挙を手際よくやりおおせたことは、我らの誇りです。

見通しの良い片側一車線(みとおし-よ-かたがわいっしゃせん)とは、日本の事故の名所。これまでの報告事例は数知れず、日本国内47都道府県に存在しているが、詳細を知る者は誰もいない。そのため警察庁を筆頭とする各都道府県警も対応できず仕舞いである。

同じような事故が多発する道路は見通しの悪い片側一車線などがある。

概要[編集]

見通しの良い片側一車線

日本中に存在していることは明解である。さらに、報道されるだけで年100件、ニュースにならないものでは数知れないほど事故を起こしている道であることは確かである。しかし、存在を深く知る者はおらず、どこの立地にあるかなど全く分かっていない。そのため、警察は対応を取ることができなく、日々事故が起きている。

名前の由来は国道(高速道路酷道を含む)や有料道路、都道府県道、区市町村道に指定されているか否かもわかっていないためにマスコミで「見通しの良い片側一車線」と呼びだしたことがきっかけであり、現在では完全にこの名称が定着した。それと同じような感覚で「見通しの悪い片側一車線」や「見通しの悪い片側一車線カーブの道」など次々と造語が誕生し、定着した。

場所[編集]

立地は先述のように分かっていない。しかし、東京近郊の首都圏や大阪、名古屋中央部などは比較的見通しがあまり良くない3車線道路が大半であり、それ以外のいわゆる田舎には数多く存在することがわかっている。そのような道路は交通量も少なくはない道路が多い。

また、事故が起きる際は深夜が多く、前のとろとろした運転手を追い抜こうとしたところで対向車線から現れた車と正面衝突ということや見通しが良いためにスピードを出していたところで操作ミスなどといった事例が多い。事故が起きてからその道路の立地が詳しくわかるということが多い。

警察の対応としては見通しの良い片側一車線道路が非常に多いため対応できていない。以前事故があった道路では「事故多発」といった看板で対応しているが事故が起きてから対応ということになっている。

事故を起こさないためには[編集]

制限速度を守ろう

関連項目[編集]


この項目「見通しの良い片側一車線」は、執筆者がクラックをキメていた可能性もありますが、今はまだクソの山です。より愉快にしてくださる協力者を求めています。さぁ、これを見ているあなたも、恥ずかしがらずに書き込んでみよう! (Portal:スタブ)