出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
誰そ彼から転送)
移動先: 案内検索

(ゆう)とは、太陽が沈む直前であり、辺りがオレンジ色になる奇妙な時間帯である。

Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「」の項目を執筆しています。

概要[編集]

夕は主に17時〜19時頃に観測され、ホワイトカラーと呼ばれる職業に従事している者だけが夕に帰宅を許されている。夕に太陽が発するオレンジ色の光は人間をノスタルジックな気分にさせ、一日の終わりの虚しさを実感させる効力がある。そのため、その効果がもっとも高い日曜日サザエさんの放映に一番適しているとされる。なお、ノスタルジーに関しては年齢によって効果が薄いため、注意が必要である。夕方にノスタルジーを感じるのは、その者が大人、または中年に近い証である。

一部の自治体では蛍の光などの音楽を流す事によって夕が終わるが終わる前の帰宅を促している。しかし、自治体の流す音楽が鳴り止んでも帰る事ができない者たちがおり、そのように辺りが黒い闇に包まれるまで帰宅を許されない職業の事をブラックカラーと呼ぶ。

空が赤く染まるので、共産党員達が元気になる。連合赤軍革マル派の残党もこの時刻に最も活発になり、テロを起こす傾向が上昇するので警察としては切迫した時間帯である。また、空の赤さに影響され、カール・マルクスレフ・トロツキー毛沢東ポル・ポトの亡霊が墓穴からゾンビとなって甦り、サンクトペテルブルグにあるウラジーミル・レーニンのミイラにも赤き魂と血潮が宿って活動を始める。これらの共産党ゾンビは夜になると再び成仏する。また空が赤くならない日、つまり曇りの日には甦って来ない。甦って来た場合は資本主義の弾丸をぶち込み浄化することが推奨されている。共産国家の中国は晴れの日の夕に最も活動的になり、汚職が激しくなる。国家主席は夜になってからその尻拭いに悩殺される。

夕立[編集]

夏になると陽が出ている時間が長く、気温も大きく上昇する。気温が上昇すると人間社会を動かすもっとも重要な歯車である「おっさん」と呼ばれる者たちが普段の倍以上汗をかき、嫌なニオイを発し始める。それらを綺麗に洗い流すために夕になると突然強い雨が振り出す現象が存在し、その現象を夕立と呼ぶ。夏以外はおっさんが大量に汗をかくケースが少ないため、基本的に春や冬に夕立が発生する事は無い(稀に秋口に夕立が発生するケースは存在する)。

近年ではおっさんを狙い撃ちにするために局地的に集中した強烈な夕立が降ることが増えている。こうした夕立はおっさんの汗など悠々と洗い流すほど強力だが、威力が桁違いすぎて水害を起こしてしまい、膨大な死者を出している。過ぎたるは猶及ばざるが如し、程よく降ってくれないと夕立どころかあの世への旅立ちになってしまう。

夕立も参照。

夕を見る優位[編集]

このように様々な特色がある夕であるが、夕を実感している者は基本的に健全な生活を送っている者である。逆に夕を実感せずに生活している者は、あまり健全な生活をしているとはいえない。このことから夕は一種の生活指針となっており、元旦だけ朝日を見に行くよりも、普段から夕日を見られるよう心掛けるべきである。

関連項目[編集]