調味料

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

調味料 (ちょうみりょう)とは、料理にかけて、より美味しくするための材料である。

Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「調味料」の項目を執筆しています。
2000px-Wiktionary-logo.png
ユーモア欠落症患者のために、ウィクショナリーの語学ヲタクたちが「調味料」の項目を執筆しています。

概要[編集]

調味料かの味か、同じ人でも意見が異なる

かつて外食産業が発達していなかった時代では、料理の能力は全ての者に必須であり、料理の出来で出世や結婚などが即座に決まってしまう場合も多々あったと言われている。しかし20世紀中ごろになってファストフードファミリーレストランコンビニ、さらに冷凍食品が台頭した結果、料理ができなくても生活ができてしまう状態が簡単に作られ、人類の料理能力が急落してしまったという指摘が専門家から相次いだ。そこでかつては食品を保存するために使われていた様々な調味料が見直され、料理の味を変えるための切り札として使われるようになった。

問題点[編集]

21世紀になって調理家電が多数開発された結果、調味料をほぼ使うことなく素晴らしい料理ができるようになったため、調味料の存在意義を疑問視する意見が噴出しており、製造業者たちを悩ませている。

さらにWHOなどがヘルシー志向を推し進めた結果、「無糖」「減塩・無塩」ブランドがライバルとして立ちはだかるようになったため、業界は抜本的な対策を迫られている。

調味料の一覧[編集]

甘味[編集]

砂糖
これが大量に含まれていれば幾らでも別腹に入る魔法の調味料である。

塩味[編集]

偉い人達が「最も美味いものは何か?」と盛り上がったが、実際に作らせて出させた料理は全て不味く、「全て塩を抜いてあります。塩が最も美味い」と答えた女性が一本取った話がある。[テストに出るよ!]
現代の事例だとマクドナルドポテト塩を付けるための棒として有名であり、塩の重要性がよく解る。
醤油
日本人の心であり、調理に困ったときはとりあえずこれを入れておけばいい。
味噌
同じく日本人の心であり、名古屋県民にとっては血液に等しいが、競合製品や少子高齢化の影響で味噌の需要も下がっているため、業界は生き残りをかけて海外輸出を推進している。
ケチャップ
ソースとしてかけた温めたケチャップは、アメリカ人には血液に等しい調味料。日本人にはそこまででもない。
マヨネーズ
たこ焼きお好み焼き唐揚げ、果てはご飯など、何にでもマヨネーズをかけるマヨラーという人種存在し、もはや宗教である。

辛味[編集]

マスタード
よく、ケチャップとセットで出てくる調味料。粒が入っている物と入っていない物があり、気化させると粒が完全になくなってマスタードガスになる。
からし
マスタードとそっくりの調味料。どちらもカラシナという植物からできており、原材料もほぼ同じである。ガスになるかならないかが違いである。
ホットソース
唐辛子などを原材料とした激辛ソース。ただただ辛いだけで、罰ゲーム化学兵器以外ほとんど使い道のないソースである。ちなみにこれを熟成させるとデスソースになる。

旨味[編集]

旨味調味料だけで熟練の料理人に勝ってしまったケース
味の素
長年に渡って鍛錬してきた熟練の職人の技をリセットしてしまった恐るべき調味料であり、職人から嫌われている。

酸味[編集]

レモン汁
飲み屋唐揚げに付いているレモンはであり、率先してレモン汁をかける空気読めない人をあぶり出すのに貢献している。

精神論[編集]

愛情
様々な料理を美味しくするという万能調味料だが、入れすぎると料理が重くなるどころかそもそも料理どころではなくなる。
空腹
最高の調味料。どんな料理でも美味しくなると感じる。空腹に勝る調味料は無い。[要出典]

関連項目[編集]