警視庁美人局

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動先: 案内検索
Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「警視庁美人局」の項目を執筆しています。

警視庁美人局(けいしちょうびじんきょく)は、警視庁の暗部を描いた山口譲司漫画、またはそれによって明らかにされた事件である。漫画はスーパージャンプで連載された。

概要[編集]

警察によって行われた犯罪行為の実態をオムニバス形式で描いたドキュメンタリー漫画である。当時警察が婦人警官を使って美人局を行っているという情報を入手した山口によって実態の調査[1]が行われ、その結果掲載された漫画の中で驚くべき実態が明らかにされた。この事件によって多くの警察幹部が処分され、警察の信頼を地に落とすこととなる。作者の山口は民俗学や江戸時代の性風俗忍者などの研究でも知られており、彼の作家としての名声を大きく上げることとなった

事件の内容[編集]

全国から集められた婦人警官をメディアに登場させることによりターゲットを誘引し、呼び出したホテルなどで脅迫や情報工作活動が行われていたという事件である。この組織は警視庁特別捜査支援室82課と呼ばれており、ターゲットに合わせて様々な女性を派遣していた。警察が行っていた工作活動であるため、被害者も被害届が出しにくく、又訴えたとしても組織的隠ぺいが行われ握りつぶされるという事態が多発していた[2]。奪われた金品は検閲により削除などの費用として使用されており警察官のモラルが問題となった。


警視庁特別捜査支援室82課[編集]

美人局のための組織であり様々なフェチに対応した婦人警官が事件にかかわっていたといわれている。表向きは犯罪を取り締まるための部署とされており美人が多いことから美人局(びじんきょく)と呼ばれていた。[3]漫画内で多くの関係者の実名が明らかになっているが、それに関してはウィキペディアにおいても公開されているためここではあえて掲載を省く。

注釈[編集]

  1. ^ 調査の過程で、実際に美人局のターゲットになり脅迫されたともいわれている。
  2. ^ 場合によっては逮捕されたこともあったという。
  3. ^ 当然これは表向きの理由であり、実際は美人局のための組織だからである

関連項目[編集]


執筆の途中です 投稿者のあほどもえ
警視庁美人局」のだいじななぶぶんはあづかった。このきじを加筆・訂正しろ。しなければ、怪人21面相が飲んどる青酸ソーダいれたる。    (Portal:スタブ)