赤チン

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動先: 案内検索

赤チン(あか-)とは、古代に使用されたとされる万能の塗り薬である。

赤チンの想像図

概要[編集]

赤色の塗り薬で、これを塗っておけば大抵の擦り傷は治ったとされる。しかし、赤チンを塗ることによって、ただでさえエグイ擦り傷の見た目がさらに赤く毒々しくなり、精神的な痛みが増してしまう。そのため、治癒魔法「痛いの痛いの飛んでけ」が効かなくなるという問題点があり、赤チンはいつ頃からか使用されなくなった。現代ではロストテクノロジーである。

効果がないケース[編集]

万能の塗り薬ではあるが、ABCの海岸で蟹にチンコを挟まれた場合は治らない。その際に黒チンを塗ったらが生えるので注意すること。

関連項目[編集]

Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「赤チン」の項目を執筆しています。