赤城神社

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動先: 案内検索
この記事にはユーモアが不足しています。治療には十分な栄養と日光愛情新しい顔が必要です。
ユーモアの摂取方法にも十分気をつけましょう。
Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「赤城神社」の項目を執筆しています。

赤城神社(あかぎじんじゃ)は、群馬県前橋市や同県勢多郡富士見村を中心として、分社を含め多数存在する神社である。また、赤城山の山頂にあったり、麓へ移動してみたりと実にせわしない「移動要塞」としての別の顔を持つことでも有名である。 承和6年(839年)従五位下、元慶4年(880年)従四位上となり、今では正一位となっている。まぁそこそこ偉い。また、分社は群馬県下のみで一一八社その他を併せると三三四社に及び、意外と規模が大きい。

近年は、いっぱいある要塞同士でどっちが偉いのか喧嘩しているため容易に深い話をしてはいけない。

歴史[編集]

創建不明

主な祭神[編集]

  • 赤城大明神(赤城山頂上の大沼の神様)だったり豊城入彦命(むか~し群馬県を支配してた人)だったり。
    でも日本人を1.2憶人とすると25.8代(2の25.8乗で割る)遡れば大体アダムイブに行き着くからどっちも親戚だよね。

由緒・伝承[編集]

  • 富士見村赤城神社について
    富士見村赤城神社は、赤城山の頂上付近にある大沼の上に湖畔から小島へと渡る形で建てられている。伝承によると、赤城大明神は元は赤城姫というお姫様だったらしい。詰まる所女神さまであるが、あっちの女神さまとは関係無い。
  • 三夜沢赤城神社について
    三夜沢赤城神社には県指定天然記念物の俵杉があり、藤原秀郷(俵藤太)が前橋を訪れた際、「やっぱこれからはエコの時代だよね!」と植林をしたことから名前が付いていると言われている。しかしながら、秀郷は赤城神(前述の赤城大明神)の化身である大ムカデを自身の趣味である弓道の的にしたというおとぎ話もあったりするのである。この男、なかなか侮れない・・・

ちなみに、境内には湧水が出てる場所があるらしく、鳥居の前に車をVIP停めして水を汲んでいく人もいる。そのまま飲用にするのはやめようね。

関連項目[編集]


ハニベ大仏.PNG この「赤城神社」は、宗教上の都合により、今はまだ完成をみることがかないません。私達は、宗教上の都合により、あなたに、執筆を委ねることしかできません。是非、宗教上の都合により、私達の夢をかなえるためにも、あなたの力でこの「赤城神社」を完成させてください。 (Portal:スタブ)