赤魚

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動先: 案内検索

赤魚(あかうお)とは、最寄りの魚屋やスーパーなので確認する事ができる赤い魚である。

概要[編集]

赤魚は基本的に切り身や粕漬けなどで販売されており、日常的に販売されている魚介の一種である。その値段は全般的に安価であり、基本的に加工された状態で販売されているため財布の中が寂しい人や魚を捌くのが苦手な人にとってとてもありがたい魚である。

販売されているものは概ねノルウェーといった海外のものであり「国産の赤魚」というものは稀である。一般的にマグロ刺身なども赤い色をしているため色としてはマグロも赤魚と言えなくもないが別物であるため刺身にしたりせずしっかり焼くなり煮るなりするよう注意したい。

赤魚の謎[編集]

Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「タイセイヨウアカウオ」の項目を執筆しています。

上記で基本的に切り身や粕漬けとして販売されている旨を記したが、魚河岸などでも「赤魚」という名前の一尾そのままのものは販売はされていない。どこで販売されていても加工済みであり、一体どのようなシルエットをした魚であるのか定かでない。一説ではメバルのような魚ではないかとされているが、分かるのは外見が赤い事と身が白い事くらいである。

赤魚という名称を持つものとして『タイセイヨウアカウオ』なる魚が存在するようだがWikipediaを参照する限りでは黒い由緒正しき百科事典であるWikipediaが嘘をつくわけが無いので[要出典]タイセイヨウアカウオは赤い魚ではないので赤魚ではないようである。

結論[編集]

結論から述べると、恐らく赤魚は切り身の状態や粕漬けの状態で海、もしくは川を回遊しているものと思われる。魚影が確認できない以上そう考えるのが全うであり、そういった生物である事は疑いようもない。