超執刀 カドゥケウス

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動先: 案内検索
医療情報に関する注意 ご自身の健康問題に関しては、ためしてガッテンDHCで何とかしてください。免責事項もお読みください。

超執刀 カドゥケウス』(ちょうしっとう-)というゲームは視力を低下させ、腕にダメージを与えます。

概要[編集]

この作品は、プレイヤーが外科医師となって手術を行うニンテンドーDS用アクションゲームです。ポリープや動脈瘤の処置など一般的な手術はもちろん、「ギルス」というゲームオリジナルの寄生虫を退治するオペも用意されています。ゲームを全面クリアする場合、「ギルス」の退治を避けて通ることは不可能です。

症状[編集]

このゲームでは、通常の手術と同様、病変部をよく見ながら執刀に当たらなくてはなりません。しかし今作でのオペ患者はタッチスクリーンですので、通常の患者とは異なり常に光と電磁波を発し続けているため、執刀医の目に悪影響を与えてしまいます。また「ギルス」は血管やリンパ管に入ったがんよりも遥かにスピーディに動き回るため、オペをつつがなく終えるのは大変困難です。そういったステージをクリアするために何度もリトライしなければならず、結果、通常のオペよりも時間を要し、近視を招いてしまいます。また気張ってしまいがちですので、タッチペンがスクリーンを貫通、これによる破片や強い電磁波によって失明するおそれもあります。

ここで少し「ギルス」について説明します。「ギルス」は計7種類で、それぞれ厄介な特徴をもっています。彼らは全てただ動きまわるだけではなく、患者の身体に裂創や腫瘍を発生させながら、独自の病変を起こしていきます。このためプレイヤーは裂創や腫瘍の処置、「ギルス」による病変とその予防、「ギルス」自体の退治を平行させておこなわなければなりません。するとワンステージをクリアするだけでも腕は相当な運動量になりますから、筋肉は容易に疲労してしまうでしょう。またあまりに気張ってしまえば筋肉痛、深刻な場合は腱鞘炎を患ってしまうということは決して戯言ではありません。

予防[編集]

本作をプレイする際は、部屋を明るくし、なるべく画面から離れましょう。「ギルス」の退治は控えましょう。


Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「超執刀 カドゥケウス」の項目を執筆しています。