身体測定

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動先: 案内検索
Wikipedia
ウィキペディア専門家気取りたちによって「身体測定」はリダイレクトページになっています。変なページに飛ばされるので、クリックしても意味はありません。

身体測定(しんたいそくてい)とは、身体の状態を測定することである。以下では、主に学校で行われる身体測定について述べる。

その様子。

概要[編集]

身体測定は、個人の身体についてやたら追究してくるので、それぞれの生徒がさまざまな思いをめぐらすことになる。まず、身体的なコンプレックスを持つ者にとって、身体測定は天敵となる。なぜなら、身体測定では、自分の身体の状態を他人に知られるリスクがあるからである。彼らは、測定結果をいかに知られないか、知られてもいかに気付かれず、目立たないようにするかで非常に悩んでいる。

次に、隠慢野郎にとっては絶好のチャンスである。野郎達は、自分の結果を他人の結果と比べ、自慢して満足する。彼らは、他人が結果を見せないとキレたり、無理やり覗きこんできたりするため、先ほど述べたコンプレックスを持つ者とは対立している。

そして、変態にとってはまさに天国である。彼らは、皆が下着一丁で身体測定をする様子を見て、異常なまでに興奮する。また、あいつ下着ブリーフトランクスか、それともボクサーブリーフか、もしくはふんどしなのかということも気になるところである。もしかしたら、パンツをはいていないのかも知れない。これぞ、学園天国である。ただ、最近では体操服を着て身体測定を行うというクソ校が多くなっているため、現在これらを体験できる可能性は極めて低い。

学園ラブコメディ漫画などでは、このイベントが必ずと言ってもいい位このイベントがあり、何かしらのハプニングが起こる。

種類[編集]

身体測定には、さまざまな種類がある。以下には、その主なものを挙げる。

身長[編集]

背の高さ、つまり身長を測るもの。主に、身長計と呼ばれるギロチンに乗って身長を測る。身長を高く見せようと、前日にジャンプしてきたり、身長計の上で背伸びをしたり、を立たせてきたり、ハイヒールを穿いてきたりするつわ者もいる。これらはほぼ反則行為であるが、バレない限り誰も気にしない。

体重[編集]

体の重さ、つまり体重を測るもの。主に、体重計と呼ばれるロボットに乗って体重を測る。思春期子供達にとって「体重が軽いほうがいいか、重いほうがいいか」は意見が分かれるところである。体重を軽く見せようと、片足で体重計に乗ったり、髪や陰毛を剃ってきたり、前日に断食をしてきたり、全裸で体重計に乗ったりするつわものがいる。また体重を重く見せようと、キバりながら体重計に乗ったり、前日にメガマック定食を食べてきたり、一週間うんこを我慢してきたり、ダンベルを隠し持って体重計に乗ったりする無謀な奴もいる。これらも殆んど反則行為であるが、バレたときは...

座高[編集]

座った状態での背の高さ、つまり座高を測るもの。主に、座高計と呼ばれるザコ系に乗って座高を測る。座高については、「座高が高い=胴長=短足」という概念が広まっているため、座高は低いほうがいいものとされている。そのため、「身長 ÷ 座高 = GS(グッドスタイル)率」を計算して比べ合う者もいる。

視力[編集]

目で視る能力、つまり視力を測るもの。主に、遮眼子と呼ばれるスプーンを持って、ランドルト環と呼ばれるCの穴の向きを答えて静止視力を測る。昔は2.0,1.5,1.0...と細かく視力を測っていたが、最近ではA・B・C・Dの四段階で視力を測ることになったとか、なっていないとか。裸眼の人は裸眼視力を、眼鏡を掛けている人は矯正視力を、スイッチヒッターの人は両方を測る。視力を良く見せるには、ランドルト環の向きを暗記してきたり、友達にサインで教えてもらったり、遮眼子の代わりに虫眼鏡を使用したりとさまざまな方法がある。

聴力[編集]

耳で聴く能力、つまり聴力を測るもの。主に、ヘッドホンを介してぴーと聞こえたタイミングでボタンを押して聴力を測る。稀にエロぽい言葉が聞こえることがあるが、脳内でぴーに置き換えておこう。

内科[編集]

体内の状態を測るもの。主に、内科医と呼ばれるエロいおっさんが生徒の服を脱がせて体内の状態を測る。測定結果用紙には、おっさんが興奮度を記入してくれる。毎年この行事を越える頃に邪な考えを持つ者は、将来の夢が学校掛かりつけの内科医になる。

評価[編集]

身体測定にはさまざまな出来事があるため、生徒・教師・保護者たちからもさまざまな評価が寄せられる。例えば、生徒の場合

「うわ...今日身体測定なのに変な柄のトランクス穿いてきちゃった…それでも行くしかない、自分を信じろ!」

のように自分との戦いを繰り広げる者や、視力検査を当てずっぽで答えて「小さい環は見えたのに大きい環は見えない」という矛盾点を指摘され、「あの…僕乱視なんです。」と言い訳するも乱視用眼鏡を掛けても答えられず、友達に「え、卵子?あいつヘンタイだったのかw」と笑われるだけで見事に敗北する者もいる。

教師からは「身体測定で自分の体について考えることは大切です。」という真面目な評価や、「身長を測るときは、背筋を伸ばせる振りをしてさりげなく胸や尻を触ると効果的」というド変態な評価が寄せられている。それに対し、保護者からの評価はそれほど多くはなく、その殆どが「うちの子1ヶ月で3cmも身長伸びたんですよ凄くないですか?」とか「身体測定の結果でいじめが発生することも少なくはありませんよ?さっさとこんな行事中止にしてください!名誉棄損で訴えますよ!?」とかモンスターペアレントじみた評価である。

関連項目[編集]