農家

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「農家」の項目を執筆しています。
にーこにっこどーが♪
ニコニコ動画中毒患者のために、ニコニコ大百科ではニコ厨たちがお金をかけてまで「農家」の項目を執筆してくれています。
Pixiv
同人マニアのために、ピクシブ百科事典では同人ゴロとその愉快な仲間たちが「農家」の記事を執筆しています。

農家(のうか)とは、現代日本において「職業差別の禁止」という原則から取り残された被差別職業共同体である。

概要[編集]

農家とは日本の規定では「農業のみによって生計を得ている世帯[1]」となっており、かつては国の根幹を支える職業として厚い保護を受けていた[2]。というのも人類は洋の東西を問わずある程度の規模を持つ「国家」が誕生すると、例外なく農耕体制を整備し狩猟採集生活から脱却しているのだが、それにより農作物という「食糧」を産み出す農業従事者の存在が非常に大きなウェイトを占めるようになったのが大きい。今日でも農業を「第一次産業」と呼ぶのはこの名残であり、また数学も地勢学も全て農業から生まれている[3]

勿論日本でも第二次世界大戦までは「地主」と呼ばれる権力者が代表となって自治体と交渉し、その権利を維持してきた。が、戦後「日本をアメリカ無しでは生きられない属領とし、更に本国の余剰在庫を処分する[4]最終投棄所として活用する」というGHQの方針により地主制度が撤廃され、農協という圧政を強いる新組織が政治的に農家を管理するようになったことで状況は大きく変わった。

戦後日本の農家[編集]

イメージ戦略の成功例。

農協によって多くの農家は「支援」という名目で強制的に資金貸付を行われ、それを何十年もの長きに渡って返済するという形式で殆ど利益にならない状態で農業を続けなければならなくなった。「農作物の価格安定」という金看板によって生産物は全量出荷が義務となり[5]、しかも異常なまでに買い叩かれる為生活に必要な収入は得られない。その為仕方なく農協の機関銀行に借金する、という地獄のような自転車操業が日常化しているのである。なお農協から離れて農業をする場合、農機具購入にローンが効かなくなったり流通妨害で出荷先が無くなるなど執拗な嫌がらせを受けることとなる。

また農協により「農家は過酷な仕事」というイメージをつけられ[6]、社会的に低い立場に置かれている。これは江戸時代に「被差別階級」として穢多・非人があったように、一般層よりも低い立場を作ることで社会の安定を図る目的もあり、農協がいかに政治と結び付いているかを示していると言える[要出典]。例えば今の仕事を辞め農家を継ぐと言えば周囲からは同情され、まるで社会から隔絶された奴隷のように扱われる。明らかに職業差別だが、この認識を親方日の丸が推奨しているのである。部落差別が形骸化した現代日本において、ここまでの差別を受ける職業は農家以外にない。ちなみにそのせいか、農家ではいまだに集落単位として「部落[7]」が使われる事がある。

近年ではその悪評を払拭しようと農協からの圧力に耐えながらイメージ戦略が行われているものの、その結果は芳しくない。生産した作物に「私が作りました」と笑顔の写真を添えたりアグリツーリズム[8]を企画したりしてはいるものの、やればやるほど「実態はこう甘くはない筈」と逆に誤解を招いてしまう事が多い。今なお多くの日本人は農家の人々を牛馬の如く扱っており、農家へのマイナス感情は根強い。

脚注[編集]

  1. ^ 副収入があったり他職業就労者が世帯にいる場合、兼業農家という「広義の農家」となる。
  2. ^ 江戸時代の身分区分けである「士農工商」では武士に次ぐ立場におかれており、豪農は諸国大名に匹敵する権力と格式を備えていたと記録されている。
  3. ^ 農業高校/大学では理数系科目の比重が大きく、「農業は数学である」と公言される。農家は常に数字と格闘する仕事なのである。
  4. ^ 「学童への支援」という御題目で、家畜用脱脂粉乳や価値のないクズ小麦粉を大量に売り付ける等。
  5. ^ 例えば新潟県を始めとする米農家密集地帯では、毎年秋になると「お米は全量農協に出荷しましょう」というテレビコマーシャルが毎日毎日延々と流れ続ける
  6. ^ 会社単位での新規参入などを妨害する目的。農協は農業を聖域とし、他社の介入を許さない。
  7. ^ ただし差別を受けているのは「被差別部落」であり部落だけでは単なる居住地単位だが、何でも略したがる日本人は部落といえば差別だと思い込んでいる。「在日」と聞くと在日朝鮮人しか思い浮かばないのと同じである。
  8. ^ 農家に滞在し、農業をアクティビティとして扱う新しい休暇スタイル。

関連項目[編集]


この項目「農家」は、執筆者自身は結構気に入っていますが、どう見てもクソの山です、本当にありがとうございました。ダチョウ倶楽部に訴えられないうちにとっとととりかえることをお勧めします。 (Portal:スタブ)