み読さ逆

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
だれかこの記事に救いの手を! 約要:れくてしかと何。いくにみ読くかにと
  • 。いさだくてし正修を事記のこにり通るあてい書にこそ、でん読を方仕の集編
  • 。すで減半もさ白面の事記、はで章文いくにみ読
  • 。んせまれしもかるか分が点第問ばれす較比を事記な逸秀と事記のこ
「をつみ のもだんげんに いなゃじいいてくくにみよ」
逆さ読み について、をつみ田相
「。よすでのんらかわがれそはに人い偉。すでり飾てんなみ読さ逆」
逆さ読み について、長曹ニーリマ・オリ
Bouncywikilogo small.gif
、にめたの者患症落欠アモーユちたり取気家門専アィデペキィてし筆執を目項の「み読さ逆」が 。すまい

。るあでとこむ読にき向逆を葉言、はと(みよさかさ)み読さ逆

要概 [編集]

[1]「アンサイクロペディア」 ← 「アィデペロクイサンア」例

。るす在存ものもたっなに味意たし立独がのもたしにさ逆にうよの ネタ→タネ

。う扱みのていつにとこく書に逆に純単はでここがるあはび遊るす関にみ読さ逆もに他、どな文回


例のみ読さ逆な名有[編集]

  • まいうー
  • nesin amatias -- プイタるいてせさ転反らかてしに字マーロを形の元
  • エリーヌ -- るあが合場る入が棒しば伸合場るれわ使に来由のどな名人
  • ネタ -- ものもたっなに味意たし立独がのもたしにさ逆

例う使をみ読さ逆 [編集]

(るあもとこる入が音促や棒しば伸合場のこ)。るあもとこるれわ使てしと法方の名命のどな説小やムーゲ、他るれわ使てしとび遊葉言、はみ読さ逆

。るあもとこく付が音促や棒しば伸りたっなにナカタカ[2]、合場なうよのそ。い多がとこるれわ使てしと語造や語隠の内間仲、りあもンータパるすに逆てけ分に度程分半をばとこにうよのロシートてしと例な殊特

。たいてれさといし正がとこく描に逆、はで語本日の昔

。るえいもとみ読さ逆が向方の代現めたのそ

目項連関 [編集]

Bouncypotato.gif
か故何は「み読さ逆」事記のこ
ブダが材題やタネと「き書横右
かのな実真がらちど。すまいてっ
。すまり知ぞみの神は

注脚[編集]

  1. ^ 。るいてっましてっなに逆でいせたしにさ逆を例るすにさ逆
  2. ^ てっ違はと事記なほあなんこ
ひよこ 。いない違間らかだんう言が下陛こよひと人本たい書。よだけかき書は「逆さ読み」目項のこ 。よたしましい願お。よいさだくてっがやみてし、らなてっるきでに事記いしら晴素りよ (Portal:スタブ)