運慶&快慶

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動先: 案内検索
Stop crap.png クソ記事に注意!!
この記事はクソです。筆者自身がそれを認めます。

運慶&快慶(ウンケイ アンド カイケイ)とはその名の通り運慶、快慶の二人からなる鎌倉時代に活躍した浣腸師及び便器職人である。奥州合戦などの軍役や幕府の内部闘争などのストレスから便秘に陥りやすかった当時の日本人に一条の光をもたらした英傑。元々は仏像などを作っていた仏師だったが、その器用かつ巧妙な手先を生かして北斗神拳を昇華させたカンチョーで多くの人々の尻を和らげた。さらに後年には様々な浣腸剤を生み出し、多くの人が出来るだけ気持ちの良い環境で健全に排泄が出来るようにとお尻に優しい便器の作成にも携わりTOTO便器で有名な東陶機器を立ち上げた。

なお、運慶の「運」がうんこのウンを、快慶の「快」が快便のカイを意味するのは周知の事実である。

運慶と快慶のアナル治療法[編集]

運慶と快慶が便秘に悩む患者のアナルを治療する様には職人芸を超越した鮮やかさがある。二人が師匠であるケンシロウ仕込みの北斗神拳と、数々の仏像を作り上げた器用な指先を調和させた必殺のカンチョーで便秘の秘孔をあたたたたたたたたと連打すると、今まで固く閉ざされていた患者のアナルからまるでダムが決壊して水が溢れ出すかのごとく激流を伴った大便が放出される。ケンシロウを師匠にもっているため、ケンシロウのように秘孔を衝いて人間を破裂させている殺人鬼なのではないかと言う悪評も一時期流れたが、運慶、快慶の北斗神拳改め浣腸拳はケンシロウのような乱世を生き抜くための牙ではなく、慈悲深き仏の一手であった。

かつて多数の仏像を製作していた運慶・快慶はその職人技を生かして、便秘を治すために患者のアナルに粘土セメントをぶち込む事もあった。これは一歩間違えれば殺人行為にもなりかねないが、仏の手とも言われる職人技をもつ運慶と快慶は、患者のアナルを傷つけることなく便秘を治療して見せた。

なお、運慶と快慶の下には便秘に悩む患者ばかりではなく、アナルに男根を突っ込んでアッー!していたら抜けなくなってしまったゲイのお兄さん達も訪れることもしばしばあった。

運慶&快慶の便器[編集]

運慶が初めて製作した便器。アヒルの背中の上でカエルが脱糞してしまう鳥獣戯画からアイデアを得たと言われている。

一流の便器職人としても名高い運慶と快慶だが、便器職人として大成する以前から既に便器の作成に取り掛かっており、後白河法皇の『梁塵秘抄』や九条兼実の『玉葉』などの著名人が遺した歌謡集や日記にも、運慶と快慶が作った便器の座り心地のよさなどを礼賛する記述が見られる。

功績[編集]

便秘や痔は時として死に至る病にもなる危険性があり、決して甘く見てはいけない。医学や医療設備が十全に整っていなかった中世、ケツの病が原因で死亡する人は、決して少なくなかった。運慶と快慶は、ケツの病に苦しむ人々にすわり心地が良く、安心して排泄が出来る便器を提供し、また便秘に苦しむ人々にカンチョーを施すことで多くの人々を救った。

運慶と快慶の仲[編集]

項羽劉邦よりは良好だったと言われている。

関連項目[編集]

Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「運慶」の項目を執筆しています。
Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「快慶」の項目を執筆しています。