道徳

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
この記事には冗長性が不足しています。
改善には十分なメモリーとブロードバンド回線と大きなディスプレイくじけぬ心が必要です。
アンサイクロペディア法
を熟読した上で、分量を増やして下さい。

道徳(どうとく)とは、まだ頭の柔らかい未来ある生徒に古臭い理想と善人論を押し付け、本来の子供の多様性を潰してゆくための日本の軍隊教育の一つである。

道徳にはさまざまな意味があるが、このページでは義務教育過程における道徳教育について記述する。

概要[編集]

道徳は中国の古典的な考えであるを合わせたものであり、これを学校教育に採用すると言うことは日本は未だに中国の属国であることを暗示している。

倫理は自分たちの生活をより良くするために学ぶための哲学であるが、道徳は子供の教育課程に組み込むことで将来利用しやすい人材を作るために学ばせているものであり、似て非なるものである。

道徳教材は主に理想論や善人論を押し付けるものであり、どんな時でも他人を助けることを第一とする自己犠牲精神を大切にしている文章が多い。

また、どんな教材であっても大抵SNSを批判しており、教科書作成者の頭の古臭さとその稚拙さが容易に感じ取れる内容のものがほとんどであるが、ごく稀にそうでない優良教材もある。しかし、そのような教科書は日本の個性を潰す教育に向かないため、大抵は文部科学省に消されてしまう。

傾向[編集]

大抵の教科書ではなんの生産的活動もできない老害を気遣って敬うことを正義としている。

しかし、これは少子高齢化社会の日本において問題となっている老害の横暴を加速させるものであり、これを日本の教育に組み込むことはより日本国の環境を悪くするものでもあり、お偉方には教科書の見直しを早急にしていただきたい。しかし、お偉方もほとんど老害のため、もう時すでにお寿司である。

また、障がい者への配慮などをしつこく勧めてくる。この事は大した問題はないが、そんなことを言っているお偉方に限って障がい者に対する差別発言でお冠になったりしているのである。

特に最近の教科書はSNSに対する注意喚起の単元があったりすることが多いが、大抵の場合解決法は「ちゃんと顔を見て話そう!」のようなものであり、これは単に問題を避けているだけでありなんの解決にもなっていないのである。

なのにネットモラルだのを求めてくるが、問題を避けるよう教育されてきた学生にはネットモラルなど教えられていないので今日の学生のネットモラルについては言うまでもない

また、いじめに関する物語では必ず最後に仲直りするなど、明らかに現実から目を背けた夢のような内容が多く、逆にそのような事態になった場合に混乱してしまう内容となっており、道徳的な精神を育む事は一切できていない。

実態[編集]

他にも道徳の授業だけにはとどまらず、学校生活アンケートでの明らかな善人論なども近年は見られている。

アンケートなどでいじめに関する質問があった場合、少しでも「いじめは何があってもいけないこと」に近い回答をしないと後日職員室に呼び出されて帰って来れなくなってしまう[誰が?]

これは完全な教師による児童へのいじめであるが、そのことを指摘すると「教育です」と一蹴され、運が悪い場合はそのまま職員室に連れてかれるため、結局はもっとも人を虐めているのは学校教師だという説もある[誰によって?]

関連項目[編集]

Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「道徳」の項目を執筆しています。
にーこにっこどーが♪
ニコニコ動画中毒患者のために、ニコニコ大百科ではニコ厨たちがお金をかけてまで「道徳」の項目を執筆してくれています。
Pixiv
同人マニアのために、ピクシブ百科事典では同人ゴロとその愉快な仲間たちが「道徳」の記事を執筆しています。