那須与一

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動先: 案内検索
那須与一。ティーダに見えるが気のせいか。

那須 与一(Yoichi O'Eggplant)は、栃木県出身の射撃選手。1100年代後半に活躍した。ゲンジバンザイ。

プレイスタイル[編集]

水上でのを使った狙撃をもっとも得意とし、屋島水上競技大会で船上においてある扇を射抜いた一撃は伝説となっている。なお、競技大会で射抜かれたのは、船の上に棒を立て、その上にとりつけられた扇といわれているが、これは、テレビを見ているよいこのために事実を粉飾したものである。実際の的は「あふぎ」という名の女性である。与一は船の上でゆらゆらする人間の首を射抜き、なおかつ頚動脈や気道、神経さえも傷つけなかった。なので、的になったあふぎ自身も笑いながら「やんややんや」と喝采したと言われる。そのあと、あふぎは与一のほうに向かって泳ぎ渡り、与一と結婚して12人の子を産んだという。

使用モデル[編集]

「よいちのゆみ」を使用し、これはレプリカモデルがFF5等のゲーム中に登場している。非常に珍しい品であるので店で買うことはできず、封印城クーザーという武器マニアの作った城に置いてあるものを手に入れるのみである。

那須与一実在不在論争と矢ガモ[編集]

江戸時代日本のナースの国※(注)では、与一の実在が信じられていたため、「与一は物語のなかだけの存在で、源氏物語作者が創作した架空の人物だ」と発言すると、棒縛りの刑にあい、ふらついていることろを弓で狙われ、首を射抜かれた。このとき頚動脈、気道、食道を傷つけずに、首を貫通する技をみせた者が、与一の誉れをうけつぐ射手として大名からの褒章を得た。

しかし、現在ではこの刑をおそれて、与一は架空の人物だと言い切るものが皆無になったため、射手の腕をみせる場がなくなってしまった。このため1990年代以降射手はひそかに東京都等に出張して、鴨を射るようになった。不忍池の矢ガモは、この論争の被害鳥として国の天然記念物に指定された。

※ナースの国では、首を射抜かれた罪人をそのままの状態で長生きさせる看護技術も発達した。なかには106歳まで逝き続けた罪人もいた。そこから、ナースの国の住人は老人介護にも優れているのだという風説を生み、やがてこの噂がミヤコや西国に伝わって、那須与一の墓に参ると老後に下の世話にならないご利益があると言われるようになった。

関連[編集]

Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「那須与一」の項目を執筆しています。