酢豆腐

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動先: 案内検索
2010年受賞商品全画像.jpg
モンドセレクション最高金賞受賞
酢豆腐はベルギー連邦に本部を置く、製品の技術的水準を審査する
国際評価機関モンドセレクションの厳正な審査により、最高金賞を受賞しました。
この優秀品質賞は完全に独立した専門家によってその高品質を表彰するラベルであり、
消費者ならび生産者にとって様々なメリットのある賞と認識されております。
Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「酢豆腐」の項目を執筆しています。

酢豆腐(すどうふ)とは大豆加工品の一種である。

概要[編集]

酢豆腐の原型が日本の書物に登場するのは江戸時代中期、出島から長崎へ持ち込まれた舶来品の目録にあった「ちりとてちん」と呼ばれる保存食[1]だったとされている。日本で言う豆腐に近い大豆加工品であるため、江戸市中へ持ち込まれた際に「酢豆腐」と呼ばれるようになった。名前こそ豆腐だが日本の豆腐とは少々異なり水気が少なく、豆乳に苦汁と共に柑橘の汁や砕いた干し唐辛子などを混ぜ混んでいるため爽やかな酸味と辛味を持つことが特徴。また当時舶来品の珍味はお腹の砂下ろしになるとも言われていた事もあり「あくぬき」と呼ばれることもあったという。

美味で栄養価も高いが舶来品であるために高価であり、また当時の日本人は濃い味のものは数口で止めて余韻を楽しむ文化があったため[要出典]「酢豆腐は一口に限る」と通人好みの珍味として尊ばれていった。

誤解[編集]

江戸後期になると、黒船来航などによる政情不安から貿易も滞るようになり酢豆腐も入手困難になっていった。その為代用品として「をかけた生豆腐」を酢豆腐として流通させる業者が出るようになったが[2]、当然そんなものは食えたものではなく「高級珍味と聞いていたが酸っぱいだけで美味くない」「豆腐が腐ったような味がする」と酷評された。その為明治から大正にかけて酢豆腐は「半可通が喜びそうなバカな食い物」という烙印を押されてしまったのである。

それにより明治大正期に製法が断絶してしまい、輸入も途絶えてしまった為に現代では本式の酢豆腐はほぼ入手不可能となっている。本当の酢豆腐を知る者はもう絶えて久しく、通人ぶって酢豆腐を語る人間はほとんどの場合偽通と思って間違いないだろう[不要出典]

脚注[編集]

  1. ^ 語源は不明。
  2. ^ 現代の辞書にも、この意味で載っているものがあるが勿論誤用である。

関連項目[編集]