金融再編問題

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動先: 案内検索
この記事にはユーモアが不足しています。治療には十分な栄養と日光愛情新しい顔が必要です。
ユーモアの摂取方法にも十分気をつけましょう。
Wikipedia
ウィキペディア専門家気取りたちも「金融再編問題」については執筆を躊躇しています。そのような快挙を手際よくやりおおせたことは、我らの誇りです。

金融再編問題(きんゆうさいへんもんだい)とは、エクストリームスポーツの一種であるエクストリーム・マネーゲームで生き残る為に、金融機関が提携や合併や合体する事。

歴史[編集]

1990年代前半[編集]

バブル景気とバブル崩壊の狭間で、太陽神戸銀行三井銀行が合併してさくら銀行に、協和銀行埼玉銀行が合併してあさひ銀行にそれぞれ合併して、都市銀行でも比較的小さい銀行がエクストリーム・マネーゲームで生き残る為の合併があった。

1990年代後半~2000年代初期[編集]

バブル崩壊の深刻化で、橋本龍太郎時代の構造改革でのエクストリーム・マネーゲームでの生き残り。

取り潰しを恐れた大手銀行は合併を決意。

2000年代中期[編集]

小泉純一郎(Dr.マシリト)の陰謀により、金融機関の取り潰しを加速。

2000年代後期[編集]

アメリカのサブプライムローン問題の影響を受けたりする。また、中小企業が格差社会で潰される。

  • イー銀行石原銀行が破綻の危機に立たされる。
  • イー銀行の騒ぎを発端としたネット銀行戦国時代になる。

未来[編集]

三菱UFJ銀行を中核とした三菱UFJフィナンシャル・グループに対して、国際競争力の強化とバブル崩壊で失った地域地盤の補完と外資乗っ取りを危惧して三井住友銀行みずほ銀行りそな銀行が共同会社・三井住友みずほりそなホールディングス(仮)を設立し、三井住友みずほりそな銀行(暫定社名)に合併。

また、あおぞら銀行は個人顧客への弱さから新生銀行に合併を望んできた。それにより新生フィナンシャルグループとなり、旧あおぞら銀行は新生コーポレート銀行として営業。

最終的には三井住友三菱東京UFJ明治安田東京海上日動りそな日本興亜大同第一拓殖新生みずほフィナンシャルグループに落ち着く予定である。

批評[編集]

橋本龍太郎規制緩和を推し進めた挙句、エクストリーム・マネーゲームで生き残れない金融機関が発生。更に、Dr.マシリトこと小泉純一郎弱肉強食での取り潰しを加速して、更に過酷なエクストリーム・マネーゲームが発生する事になったのは言うまでもない。

脚注[編集]

  1. ^ 後にみずほコーポレート銀行はみずほ銀行に統合された。


絶望した!!.jpg まだ文が少ないじゃないですか!消されたらどーする!
絶望した!加筆してくれない人たちに絶望した!! (Portal:スタブ)