金親和行

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動先: 案内検索
Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「金親和行」の項目を執筆しています。

金親 和行(かねちか かずゆき、1969年11月12日 - )は、神奈川県横浜市出身の在日朝鮮人で北の湖部屋(入門当時は三保ヶ関部屋)所属の元大相撲力士。本名は山村 和行(やまむら かずゆき)(旧姓は金親)。最高位は東十両2枚目(1995年7月場所)。横綱「ぬるぽう」こと白鵬の師匠。以前の四股名はガッ山。


この記事については以下のようなことが主張されているようです。

  • この記事は誤りと嘘八百でいっぱいの百科事典であるアンサイクロペディアに掲載されています。ここにあるコンテンツはその全て、もしくは一部がフィクションですが、同時にそうではない可能性もあるなど、言うなれば「超フィクション」の状態にあります。つまり、全て嘘八百ということです!したがって実在する人物・事件・団体とは一切関係ありません!
  • ここにはあなたの社会的評価を害するに足る事実はありません!名誉毀損で刑事告訴しないでください!
  • あなたの社会的評価は全く傷付いておらず、損害は全く生じていません!損害賠償請求しないでください!
  • あなたの経済的評価を損なう危険は全くありません!信用毀損で刑事告訴出来ますが、時間の無駄です!
  • この記事を読んであなたが当局に逮捕されても、一切責任を負いません!
  • Akajisoshou.gifそのほかこの記事のために発生した損失や損害について、一切責任を負いません!


来歴[編集]

現役時代は十両止まりで大した実績も無く、取り口も地味であり、イケメンというわけでもなく、これといったパフォーマンスも無ければ土俵外で話題を提供することも無い、いわゆる「空気力士」であった。

そんな金親の人生が一変したのは2004年7月のことである。当時幕下に陥落して久しかった金親は自身の力に限界を感じ、引退してラーメン屋に転向しようと考えていた。

一方当時の宮城野親方(元幕内・竹葉山)は先代親方の死去で急遽部屋を継承した身であり、将来の横綱昇進を確実視される白鵬の師匠としては荷が重かった。当時の北の湖理事長も、傍若無人の限りを尽くしていた朝青龍の対抗馬として協会を挙げての白鵬の育成を目論んでいた。そこで白羽の矢が立ったのが、北の湖の独立前からの愛弟子であり、十両止まりでありながらも人望が厚く、対朝青龍戦1勝0敗という実績を持っていた金親である。

金親はこの誘いに「本当に自分でいいのですか、宮城野親方に申し訳が立ちません。」と困惑するも、宮城野親方は「私は部屋付きでこそ輝く存在。部屋持ちは荷が重かった。これからは影で宮城野部屋を支えていきます。」と快諾。かくして金親は先代親方の次女と結婚して娘婿となり、部屋を継承したのである。

最高位十両の親方が部屋を持つことは異例中の異例であった。このためこの継承に関し一部からは「十両の分際で部屋持ちとかふざけてるのか!」「理事長の弟子だからコネに違いない!」「在日のくせに!(もちろん事実無根である)」などといった心無い中傷も寄せられた。

だが北の湖は金親の師匠としての才能を見抜いていたのである。同年9月に金親が部屋を継承すると白鵬は一気に番付を上げて行き、2007年7月ついに横綱に昇進、朝青龍から覇権を奪い取った。もう誰も金親を批判するものはいなかった。見事に白鵬を横綱に育て上げた金親は「平成の名伯楽」の名をほしいままにした。

白鵬にとって師とされる人物は父親のジグジドゥ・ムンフバト、角界入りの道を開き、ヌルヌルを伝授した旭鷲山、入門時の師匠であった熊ヶ谷(前・宮城野)がいるが、第一の師匠と言えば金親であることは言うまでも無いであろう。

逸話[編集]

金親を師匠と認めたくない一部の心無いマスコミから「新聞などでは熊ヶ谷親方がこう語っているとか、たくさん書いてあります。白鵬にとって誰が師匠ですか?」という質問が金親の師匠であった北の湖理事長に寄せられた。これに対し、北の湖理事長は「宮城野です。今まで宮城野がやってきたし、これからもやるべき」と答え、「宮城野親方が事実上白鵬の師匠である」という見解を示した。この発言を受け、金親に批判的だったマスコミでも宮城野が師匠、熊ヶ谷はあくまでも育ての親と扱われるようになった。


ExSport.png この項目「金親和行」は、エキサイト不足のようだね。
さあ、君もこの記事に胸が高まるような文付け足してみよう。レッツトライ! (Portal:スタブ)