銀河水

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
Wikipedia
ウィキペディア専門家気取りたちも「銀河水」については執筆を躊躇しています。そのような快挙を手際よくやりおおせたことは、我らの誇りです。
神秘の宇宙パワーが宿る銀河水
宇宙パワーで輝く銀河水
「銀河水なんてウサンクサイ名前だ!」
銀河水 について、消費者
「違うよ。全然違うよ。」
銀河水 について、マークパンサー

銀河水(ぎんがすい、英語Greatest Water in Milky Way)は、宇宙パワーが宿る超高級ミネラルウォーターである。

起源[編集]

銀河水の起源は、まさに宇宙そのものにある。宇宙開闢において、空間はクォークグルーオンのスープのような状態であったとされる。このクォークグルーオンスープには、宇宙のパワーそのものが秘められている。そのプラズマ的なスープこそが、銀河水の源であることは、賢明な本項の読者であればもうお解かりだろう。

宇宙が膨張するにつれて、このプラズマ的なスープの密度は薄れ、宇宙パワーも分散してしまった。しかしながら現代において、野口総合研究所こそが見つけたのだ、極めて高純度なプラズマスープの在り処を。それは南九州霧島の地下深くに存在した『シリカ』である。シリカとは、プラズマ的なスープが宇宙的な力が働いたことにより一箇所に集められ結晶化した物体である。なぜシリカの結晶化が霧島の地下において行われたかについてであるが、これは霊峰・高千穂日本神話的な波動がシリカを引き寄せたと見るのが妥当であろう。

精錬[編集]

野口総合研究所はこのシリカから、人体が摂取できる形の飲料水を精錬・抽出することに社運をかけ、数十億円の費用をかけて、ついに飲料水化に成功した。それが銀河水である。銀河水には、宇宙の歴史150億年が詰まった高純度な宇宙パワーが秘められており、これを飲んだ者は宇宙的な何かの神託を授かることによって『アンチエイジング』の彼方に飛び立つことを許される。

銀河水の素晴らしさは世界も認めている。以下、本文で説明しきれなかった部分を箇条書きにて補う。

  • モンドセレクション』で3年連続金賞を受賞している。聞いたことない大会名だが、おそらく『コアラのマーチ』のやつと同じ大会と思われる。
  • 2リットルで1260円する。宇宙パワーが手に入ることを考えれば安い買い物である。
  • 甘い水である。しかし、実体が甘いのではなく、哲学的な性善説に導かれた虚像(アイドル)的な何かが甘いと感じさせているのである。

試飲[編集]

試飲。

ここまで説明して本項執筆者が飲まないのであっては、この項はただのスパムと誤解されてしまうかもしれない。したがって、今から筆者も銀河水を飲み、その恩恵に預かろうと思う。

ゴク ゴク ゴク ・・・・・・

・・・・・・

・・・・・・・・・・・・

ああ、見える・・・ 世界が・・・

感じる・・・ 宇宙が・・・

始まる・・・ 今なら・・・


越えられる・・・! ぼくらのアンチエイジング・・・!!

関連項目[編集]

外部リンク[編集]