長谷川町子

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動先: 案内検索
Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「長谷川町子」の項目を執筆しています。

長谷川 町子(はせがわ まちこ)とは、日本マンガ界のゴッド・マザーである。その戦後マンガ界における巨大な足跡は「町子なくしてマンガなし」「マンガなくして町子なし」と言われ、その巨大な権力と野望、そして空気を読まない毒舌は日本中を震え上がらせた。代表作に「サザエさん」「意地悪ばあさん」「エプロンおばさん」。

日本マンガ界のゴッド・マザー[編集]

戦後の混乱期、「カツオ闇市いくわよ」というサザエさんのセリフから日本の戦後マンガ史は始まった。以来、地方紙の夕刊フクニチからデビューし、全国紙の朝日新聞で四コマ連載を続けた「サザエさん」は文字通り30年以上マンガ界を支配下に置いた。フジテレビで流す日曜日のアニメは常時20%台を記録し、あわせて火曜日のサザエさんもゴールデン・タイムでの再放送なのに高視聴率をはじき出した。その波に乗って印税、キャラクター使用料で巨額の富を産み、「ゴッド・ハンド町子」「金満マチコ」とあだ名されたこともあった。向かうところ敵なしのこの勢いは、出版業界、マスコミ業界の頂点に長谷川町子を君臨させることになったのである。町子がのぞめば、東芝の新製品は常に届けられていたし、町子とトラブった編集者や業界人は、干されて二度とその業界の敷居をまたげなかったという。

サザエさん御殿[編集]

東京世田谷、東急田園都市線桜新町駅から程近い閑静な住宅街に「サザエさん御殿」とも呼ばれる長谷川町子の旧宅がある。現在は長谷川町子美術館となっているが、世界一豪華な美術館として知られている。黄金でできた全長5メートルのサザエさん立像は、旧ソ連のレーニン像に負けない迫力と威厳を持っている。なお桜新町からまでの道は「サザエさん通り」と名づけられ、各商店街には「サザエさん」の顔のついたサザエ旗を常時掲揚することが義務づけられている。一時は長谷川町子の意向で、「サザエさん通り」の街灯の電球を全部「サザエさんの頭」型電球にしようとの案も持ち上がったが、地元住民の流血をも辞さない反対運動の末、「波平の頭」型電球で妥協することとなった。「どう見ても普通の電球じゃないか」と指摘した者は検閲により削除

「サザエさん」をめぐるアンビヴァレンツな感情[編集]

とはいえ「サザエさん」には複雑な気持ちを持っていたようで、マンガの締め切りが厳しい時には目を血走らせて、「サザエを殺してあたしも死ぬッ!」と半狂乱になり、何度か休載したこともあったという。夜中に一人で起き出して「サザエ嫌い」と原稿に殴り書きしていたというのもこの時期のことと考えられている。また怪情報では締め切りに苦しんだ町子が、「サザエさん通り」の住宅にスプレーで磯野家メンバーの顔を落書きしまくり、脇に「町子参上」とか「サザエ上等」という巨大文字を書き添えていたと伝えられている。しかしこれは信じるに足りない都市伝説であろう。

よく知られている話では「サザエさん」よりも「意地悪ばあさん」が好きであったとされている。実際まさしく「意地悪ばあさん」そのもののような性格であり、青島幸男扮するばあさんに「意地悪が甘いわねもっと徹底的にやりなさいよ、全く……」と手厳しい評価を下していたと言われている。特に彼女の意地悪の被害に遭ったのは、妹の長谷川洋子であり、彼女に対する冷たい仕打ちは、意地悪というより虐待に近いものであったと言われる。

姉が尊厳死させたというものの、たかだか70代で脳腫瘍で死なせるぐらいなら、騙して治療して21世紀に君臨するリアル意地悪ばあさんとして覚醒させたほうがよかったのではないかという話もある。

注:アンサイクロペディアは、嘘と出鱈目にまみれています。
以上の文章も嘘や出鱈目である可能性が高いです。
……が、ごめんなさい。少々、実話が紛れ込んでしまいました。

作品のDVD化[編集]

現在、偉大なる素晴らしい作品のほとんどがDVDにされていない。その理由は現在まで明らかにされていないが、もしかしたら「一度すぎた事はもう元には戻らない。サザエさんも一緒だ。だから時間を大事にしろよ」という原作者の思いなのかもしれない。

関連項目[編集]


豪腕を誇る波平.jpg この記事、「長谷川町子」は、まだまだ書きかけじゃないか!!!!早く編集しろ! まったくけしからん! (Portal:スタブ)