陰神

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「陰神」の項目を執筆しています。
にーこにっこどーが♪
ニコニコ動画中毒患者のために、ニコニコ大百科ではニコ厨たちがお金をかけてまで「陰神」の項目を執筆してくれています。
Pixiv
同人マニアのために、ピクシブ百科事典では同人ゴロとその愉快な仲間たちが「陰神」の記事を執筆しています。

陰神(いんしん)とは、道教に由来するとされる女性の身体に宿ると考えられていた物精の一つ。その後陰陽道にも取り入れられた。

概要[編集]

陰神は女性が産まれた時から身体にあり、成長するにつれて襞を広げ色を変えるという。女性が初潮を経て妊娠/出産出来るようになるのは陰神が「」を「胎」へと作り替えるからで、陰神が衰えると閉経し子供を生むことが出来なくなるとされた。陰神がこのような事をするのは、取りついた女性が子を産めば自分の新しい分体を増やせるからである。

また陰神は妊娠や出産に関わるため、女性の人生を動かすものともされる。その為陰神は人前に晒してはならない秘するべきものとして扱われ、詳しい場所や形は語られない。しかし売春姦淫など女性が徳を失うようなことをすると、黒ずんだり異臭を放って警告を与えると言われている[1]

道教では女性を「陰神に取り付かれ変異した人間」として定義しており[要出典]、陰神は仙人となる上では道を阻む障害とされた。その為陰神が活発な若い女性は道教を学ぶことが出来ず、閉経し落ち着きを得なければ女性が道教の徒となることは出来なかった[2]

陰陽道の陰神[編集]

陰陽道は道教から派生したものだが、こちらの陰神は方位神としての側面を持つ。特に上位の陰神「大陰神」は同じ八将神の1柱である太歳神の后であり、仏教における本地仏は聖観音菩薩となっている。陰陽道での陰神は道教の時とはやや異なり、女性のネガティブな面に強く作用する。これは陰神を男性の陽の気と対になる陰の存在とする為で、こちらでも陰神は隠すべきものとされている。中でも陰気が凝縮される事で生まれる「小陰神」はあまり見るべきではないものとされ、男性が迂闊に見てしまうと[3]精神に害をなすとして恐れられた。その為絵画などでは描かれる事はなく、道教のものと同じく伏せられている。ただし陰陽道は陰陽のバランスを棟とするものであり、ただネガティブなだけのものではない。大陰神と小陰神が足並みを揃え一つのものとなる事で万光の座となり、女性そのものを象徴する存在として扱われる。

脚注[編集]

  1. ^ 江戸時代の遊郭を舞台にした黄草紙では、遊女たちが互いの陰神を貶しあうくだりがよく見られる。
  2. ^ これは現代の相撲界においても同様で、閉経後の女性は土俵に上がることが許される。
  3. ^ 女性の場合も良くない影響を受けるとされる。

関連項目[編集]

Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「大陰神」の項目を執筆しています。
  • 陰閣 - 陰神を祀る為の祭具。
  • 女性
  • 陰陽道
  • 三尸 - 同じく道教由来で、人の身体に宿るとされるもの。


この項目「陰唇」は、執筆者がクラックをキメていた可能性もありますが、今はまだクソの山です。より愉快にしてくださる協力者を求めています。さぁ、これを見ているあなたも、恥ずかしがらずに書き込んでみよう! (Portal:スタブ)