陳歩

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動先: 案内検索
Souji.png
2ちゃんねる警告
この記事は2ちゃんねるに精通した人しか面白さを理解できない内輪ネタのようです。
2ちゃんねるネタを2ちゃんねるネタであると理解できないと(この記事を楽しむのは)難しいんだな。
記事を改良しないといけないだろ、常識的に考えて……
Wikipedia
ウィキペディア専門家気取りたちも「陳歩」については執筆を躊躇しています。そのような快挙を手際よくやりおおせたことは、我らの誇りです。

陳歩(ちんぽ、552年(承聖元年12月27日) - 602年(仁寿2年7月28日))、姓は陳 名は歩 字は勃機(ぼつき)中国の南北朝時代末期の名将で陳覇先亡き後の陳王朝を支えた。

生涯[編集]

承聖元年、侯景(ほうけいこうけい)の乱のさなか、梁の都城・建康にて生まれる。戦乱の中、父母は行方不明となり、瓦礫の中で泣いていた所を、侯景を追って建康に入城した陳覇先に拾われ、養子として育てられる。

陳覇先はその後、主君である元帝の死、王僧弁との対立を経て、自ら南朝陳の初代皇帝・高祖武帝として即位。陳歩も親王となる。

だが武帝は559年に56歳で没する。後継として、武帝の唯一の残された子である陳歩を推す声もあったが、幼少である事と武帝の実子ではない事から、甥の陳蒨が文帝として即位する。その後、廃帝、宣帝と陳の帝位はめまぐるしく移り変わるが、皇族として手厚く遇され、すくすくと成長していった。

やがて宣帝によって武将として取り立てられ、傍騎(ぼっき)将軍・射勢(しゃせい)将軍・都督陰景(いんけい)諸軍事に任命された。

陳歩は陳の精鋭部隊である正士(せいし)を率いて、北朝の北周や隋との戦いに明け暮れた。特に隋の将、萬戸(まんこ)との死闘は名高く、「陳に陳歩あり」と隋の将兵を震え上がらせることとなった。

しかしながら宣帝の死後に帝位に就いた、後主・陳叔宝から、その名声と武帝の子であるという経歴から、帝位を狙っているのではないかと疑惑を受ける事になる。そのため、策略家、斉苗(せいびょう)の「不能の計」にかかり、隋と通じていると讒訴され、刑場の露と消えた。

彼の死は陳朝の死といっても過言ではなかった。隋の文帝は彼の死を大変惜しんでいたという。

その他[編集]

  • 陳歩は前漢の陳歩楽の子孫と言われ、陳の皇族と姓が同じことから同帝(どうてい)と呼ばれていた。
  • 陳歩は黒く小柄で醜い容姿をしていたが、戦場では何倍にも大きく見えたという。
  • 陳歩は繰り返し突撃して陣形を崩し敵軍の中央に正士(せいし)を送り込む戦術を得意としていた。