出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「キジ」の項目を執筆しています。
Bouncypotato.gif
この記事「」は何故か「キジ」とネタや題材がダブっています。どちらが真実なのかは神のみぞ知ります。

(きじ)とは日本の国鳥であるが、「国を代表するものは粗雑に扱うべし」という戦後日本人思考によって非常に軽んずられている鳥。

概要[編集]

キジは奈良時代万葉集で詠まれているように、古くから日本人と共にあった鳥である。中でも「地震に敏感で、初期微動を察知する」という能力がと同様に地震予知で重宝され、地震列島日本における益鳥の地位を確立していた[要出典]。また個体数も非常に多く、室町時代に記された動物飼育指南書『桃太郎[1]』でもイヌサルと並んで登場していることから、当時からペットとして広く飼育されていた事が分かる。

キジは基本的に雑食で、虫害の元となる虫類を好んで捕食する。体躯が大型な為飛ぶのは苦手だが、30km/hを越える速度で走る事が可能。繁殖に関しては人間に極めて近く、繁殖期のオスは周囲に攻撃的になり大声で鳴き縄張りを誇示する傾向が強い。またメスは不特定多数のオスの縄張りを渡り歩いて交尾し、産んだ卵や雛はメスだけで育てる。ほぼ一般的な日本人と同じライフスタイルであり、ここから国鳥に指定されたとする意見もある。

戦後のキジ[編集]

いい雉とは死んだ雉だけである

第二次世界大戦の敗北後オキュパイドジャパンになってから、GHQは日本人の精神性を衰退させ自国の属領にするべく占領政策を実施した。その中で自虐史観が推奨され、逆に国旗や国家など国の象徴となる文化を大切にすることは「右翼的」として憚られる[2]ようになっていったのである。国鳥であるキジも例外ではなく、その数の多さや警戒心の薄さから狩猟用の標的[3]や食肉として乱獲されている[4]。農作物に害をなすからと有害鳥獣指定も検討されているが、その被害額の実態はカラスの1%程度である。あくまで国としての体面を汚し日本人でいることを恥だと思わせる為の占領政策から発展した一面的な見方であり、戦後レジーム払拭を求める21世紀の世論からは些かそぐわないものとなりつつある。

料理としてはキジ肉の淡白さを活かして平たく整形し具材を載せる事が多く、料理でよく使われる「生地」はキジの当て字である[5]。なおかつては逆に「キジ肉を食べると傷が治りにくくなる」「キジの卵を食べると薬が効かなくなる」[6]という俗説があり、ツルと同じく「美味だがバチが当たる食べ物」とされていた。

脚注[編集]

  1. ^ 主人公がイヌ・サル・キジを同時飼育する話。
  2. ^ 「日本は正常な国ではないので、国旗も国歌も存在しない」というのが一般国民の常識であり、国旗掲揚や国歌正称は軍国的として白眼視されている。
  3. ^ 現在では個体数の急減から東京都のレッドリストに指定されたが、それでも尚狩猟法により狩猟鳥獣に指定されたままになっている。
  4. ^ 毎年養殖されたキジが大量に放鳥されるが、その殆どは一年以内に捕獲或いは射殺されている。ゲームフィッシングのターゲットとして放流されるブラックバスと同じで、保護や繁殖目的ではない。
  5. ^ 名古屋周辺でよく食べられている「きしめん」も、叩いて薄く広げたキジ肉を麺に見立てたもの。なお料理漫画『鉄鍋のジャン』に、これと同じ手法で春巻きの皮を作るシーンがあるが、中華料理ではキジを使わない為鶏のササミを薄く延ばしている。
  6. ^ どちらも福岡県に伝わるもの。

関連項目[編集]

歴史の渦に巻き込まれる! この項目「」は、歴史に関連した書きかけ項目から歴史に残る記事進化しなければならない。
歴史は今作られている!君の名をこの記事(の履歴)に刻むのだ。 (Portal:スタブ)