難波駅

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「難波駅」の項目を執筆しています。

難波駅(なんばえき)とは、多くの列車が難破して当駅止まりとなる駅。

駅名の由来[編集]

冒頭に挙げた通りであるが、「なぜ破ではなく波なの?」という疑問を持った人も多いだろう。これは単純に誤植である。波で難破することから違和感もなかったのだろう。それが関西弁により訛っていき「なんば」と読むようになった。

※諸説あります。

難破する列車の一覧[編集]

なお、大トロは魚なのでほぼ確実に通り抜けれる。

難波駅に乗り入れる路線[編集]

完全に乗り入れる路線[編集]

一応乗り入れる路線[編集]

ほぼ乗り入れる路線[編集]

乗り換え [編集]

難波駅の乗り換えは非常に困難である。なぜなら最も遠い南海難波駅JR難波駅では徒歩15分もかかり、さらに途中で迷路を通るため利用者が難破するケースも少なくない。なお、南海とJRで乗り入れる人は確実に鉄オタである。

将来 [編集]

近年、JRと南海の難破を防ぐためなにわ筋線が作られる予定であるが、これにより南海新難波駅が作られるため利用者の難破は増える見込みである。

関連項目[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 稀にに助けられるが、激レアなので期待できない。