雨降ってチンコ固まる

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動先: 案内検索

雨降ってチンコ固まる(あめふ-ちんこかた-)とは、突然のハプニングがかえってチャンスや嬉しいことになることを表したである。

Wikipedia
ウィキペディア専門家気取りたちも「雨降ってチンコ固まる」については執筆を躊躇しています。そのような快挙を手際よくやりおおせたことは、我らの誇りです。

概要[編集]

元は諺を茶化した江戸時代落書である[要出典]。諺を茶化したものは「釈迦に説法、書家に筆法」など多く存在するが、中でもこの諺は人間の深い心理(真理)、取り分け諸兄の心情を上手く捉えており、研究家のみならず男性陣を中心に人気が高い。意味はそのまま「雨が降った時に、男なら一度は経験するあんな事[1]」であるが、詳しくは後述の通り。

「雨降ってチンコ固まる」ようなシチュエーション[編集]

家に女の子が遊びに来た時
いちご100%にいつかあったようなシチュエーション。女の子が家に来たのは嬉しいが、突然の雨に女の子は帰る手段を無くす。やや気まずい空気が流れたまま、夜まで家で待機するが、そのうち煮凝った空気がどこかへ過ぎ去り、お互いの気持ちがさっきとは違う方向で高ぶったその時、「雨降ってチンコ固まる」状態に陥る
デートの最中
デートの最中に予報外れのが降って来た。も持ち合わせていない。彼女が寒そうに腕に抱き着く。「あぁ…、寒そう。暖めてあげなければ」とかそんなことより「が当たってる…。結構感触あるじゃねーかコイツ…」と思った瞬間、貴方はまさしく「雨降ってチンコ固まる」状態なのだ。濡れた女は色気が通常の3倍以上なので、耐え切れなくなった時は路地裏に駆け込んで「シャワーでも浴びよう。そして中で服を乾かそう。」と上手いことを言ってラブホなどに入り込むといい。うまくいった暁には、シャワーを浴びて服が乾く迄の間、二人のベッドを濡らしあうお楽しみが待っているかもしれない。
突然の土砂降りの時
通勤通学途中に予想外に強い雨が降ってくる事はよくあることである。そんなとき、駅の入口や建物の屋根の下で必死に透けた服の水分を拭う女子高生を見たことがある方も多いだろう。特に夏場は薄着でワイシャツ一枚で胸元までボタンを開けて登校しているラフな格好の女子高生がいるが、そういう人ならすぐに下着が透ける。もはやワイシャツどころではなく、猥褻である。満員電車に乗り込んで来たなら、もういくらでも濡らされたい気分である。土砂降りなら透けるだけではすまされず、濡れた服が肌に張り付いてくるのだ。先述の通り、濡れた女は色気が通常の3倍なので、そうなればラフに着こなした制服など脱ぎ捨てていっそのこと裸婦になってほしいといった期待や、そんな妄想を頭の中で膨らませて思わずlaughしてしまい、知らずの内に貴方は「雨降ってチンコ固まる」状態になる。しかし、そんな期待を裏切るかのようにジャージなどに着替えられてしまえば、せっかくの固まったチンコもげんなりしてしまう。しかし、よくよく考えれば、あれは生ジャージではないか。あの内側ではおそらく官能的な美の世界が存在するのだろうといった、二度オイシイ妄想を膨らませる事が出来る。

すなわち[編集]

雨は最高の恵みである地上に潤いを与えてくれるが、気をつけなければ男子諸君の痴情には火を付ける恐れがある。しかし、いつもは見えない世界を見せてくれる素晴らしい鍵であることには変わり無い。

類義語と類似品[編集]

風が吹けばチンコが起きる

風が吹けばチンコが起きる。

なお、ここでの「風」とは、台風を指す。台風の際の雨は凄まじいものがあり、風だけでも威力が凄い為、各地で被害を齎すが、稀に幸運と目の保養を齎してくれるという意味である。
雨降れば チンコ勃つなり 法隆寺
正岡史規の「写生」ならぬ「射精」への転換期にあたる晩年の作品であり、「柿食えば~」で有名な一句を官能的にうたったセルフリメイクの元祖。辛辣な評価を受けており、殆どの詩集では割愛されている。果たしてこの句に法隆寺は本当に必要なのだろうか。
たちあがれチンコ
日本少子化問題の抜本的な解決を目的として加藤鷹を党首に迎えて結成された政党(性党とも)。しかし、名前の時点で公的秩序を大いに乱し、日本国民を悪しき方向に扇動する恐れがあるものとして結党後わずか6分で検閲により削除されてしまった。ちなみに本部は埼玉県川口市西川口周辺で、支部予定地は千葉県松戸市内に候補が挙がっていた。

脚注[編集]

  1. ^ ちなみに元ネタの「雨降って地固まる」の意味は「揉め事があった後に却って事態が好転する」事である。

関連項目[編集]