電機子チョッパ制御

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動先: 案内検索
鉄分過剰
このページには鉄分が過剰なので栄養のバランスが崩れています。
DHMOの摂取やバランスの良い食事をすることを心がけ、鉄分が偏らないように注意してください。

電機子チョッパ制御(でんきし-せいぎょ)とは、電車の速度調整に関する作業を行っている萌えキャラクター、いわゆる「中の人」のことである。大抵はサイリスタチョッパ制御、又は単にチョッパ制御と呼ばれる。抵抗制御ツンデレすぎて多大な熱を放出する上に多大な電気を与えないとちゃんと働いてくれないため、地球温暖化防止と光熱費削減のために新しく導入された。萌えパワーはそれをはるかに超越するものの、高飛車お嬢様属性のためにお給料代が馬鹿にならないため、あまり普及には至らなかった可哀想な歴史を持つ。

開発の経緯[編集]

Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「アメリカンチョッパー」の項目を執筆しています。

高度経済成長期に突入する1960年前後は、抵抗制御という制御方式を取る萌えキャラクターを使用していた。しかしそれはVVVFインバーター制御をはるかに超越するツンデレ要素を持っており、前述の通り電気をほいほい消費した上に発熱し、整備を怠ると発火、デレ状態が過ぎるとイってガクガク衝動を起こし、さらに雨の日には物凄い勢いで車輪を空回りさせ車輪・レール共に多大なダメージを与えるという問題を抱えていた。唯一の利点は製造・整備が楽というだけであり、新たな制御方式の開発が望まれていた。

そこでツン要素が無い安定した運転ができる車両を開発することとなり、結果開発されたのがこの電機子チョッパ制御である。当時は高度経済成長期であったために多少お金がかかっても便利ならばよかったので、続々と導入された…予定であった。

開発過程では、ごついアメリカ人が多数寄ってたかってぴーし、特に社長とその息子がぴーぴーなどと言い合う姿が微笑ましいアットホームな開発環境であった。部品はほとんどがアメリカ人らしいワイルドな方法で製造され、ぴーと言い放ちながら、しばしばぴーな試行錯誤を繰り返しつつ試作車が完成した。

利点と欠点[編集]

利点[編集]

回生ブレーキの実現
減速するときの力を萌えパワーに変換し、他の電車へラブレターのように送るという初めてのシステムを実現。又、軽量化することもでき、当時としては破格の萌えパワーを実現することができた。
無段階制御が可能
抵抗制御では喘ぎ声を発するだけでなくあまりにもツンデレすぎて幾度と無くイってしまい、あまりに敏感なためガクガクと震えることが多く、結果空転して車輪やレールを痛めることが多かった。しかし、この方式はたとえイっても振動を抑えることができるため、車輪やレールを傷めずにすむだけでなくより快適な運転ができる。結果的に萌えパワーの無駄遣いも抑えることができる。
保守作業の低減
お金をよりかけているので当然ながら保守が簡単にすむ。もっとも、「私がそんな簡単に壊れるわけないじゃない!」という高飛車ならではの要素のおかげでもある。

欠点[編集]

金がかかる
最大にしてほぼ唯一の欠点。快適な動作・萌えパワーを提供するかわりに、「これしかお金くれないの?私を誰だと思ってるの?」と高飛車お嬢様モード全開にしてお給料を要求するため、お金がとてつもなくかかってしまう。会社側は働いてもらってから定年(廃車)までを一括で払うという方法でお金を減らそうとはしているが、それでもありえないほどのお金がかかってしまう。
走行音が微妙
鉄道教信者以外はあまり気にしないが、加減速時に「プー」という変な音を発する。これは「毎日私たちを酷使して…でも一応お金貰ってるしプライドが許さないからちゃんと働いてあげるわよ」というささいな文句の表れである。

開発後の地位の失墜[編集]

当時としては破格の性能を誇り、ツン状態にならずせっせと働いてくれるため、今後の一般的な制御方式になるかと思われた。しかし法外な給料を請求されてしまうためにお金が無い会社は導入できず、思うように普及しなかった上、安価に回生ブレーキが使用できる(すなわち萌えパワーを他にわけることができる)界磁チョッパ制御が登場。会社側は電機子チョッパに給料のカットを申し出るが、それでも「私たちがちゃんと働いていないっていうの?ありえない!」ということで頑なに給料ダウンを拒んだため、界磁チョッパ制御に需要が移ってしまった。さらにはツンデレながらも使い方次第で電機子チョッパ制御以上の性能を誇るVVVFインバーターが登場し、もはや必要性は皆無となってしまった。

そのため電機子チョッパ制御を使用した車両の代表例である201系は廃車の一途を辿り、他の車両もVVVFインバーターに変更されるなど、あいついでリストラの対象となっている。又、一部の車両がグレて発火する事故も起きており、より一層、地位が低下している。

他に与えた影響[編集]

製造数はさほど多くなかったものの、つりかけ駆動、抵抗制御の減少に少なからず影響を与えた。特につりかけ駆動は最強のツンデレとも呼ばれ、とてつもなく激しい喘ぎ声を発するため鉄道教に大人気であったが、電機子チョッパに変わって数が減っていった。

一方で萌えパワーを他に与えることができるという画期的システムを導入したことにより、その後の省エネ車両開発に更に熱を与えることとなった。あまりにエコを目指すあまり走ルンですが登場したほどである。

関連項目[編集]

Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「電機子チョッパ制御」の項目を執筆しています。


この項目「電機子チョッパ制御」は、まだまだ内容が足りていないわ。なにその目は?私がやれっていうの?なんで私がこんな下衆な記事に加筆しなきゃいけないのよ。さっさと加筆しなさいよ! (Portal:スタブ)