露天風呂

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

Icon-not-under18.png この項目には、18歳未満には有害な記述が含まれています。

下の毛がまだ生えていない等の理由で情報入手に法的制約のある方は、お母さんに見つからぬよう背後の気配に細心の注意を払いつつ閲覧してください。アンサイクロペディアの連中は、そんな面倒臭い検閲を行っておりません

Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「露天風呂」の項目を執筆しています。
にーこにっこどーが♪
ニコニコ動画中毒患者のために、ニコニコ大百科ではニコ厨たちがお金をかけてまで「露天風呂」の項目を執筆してくれています。
Pixiv
同人マニアのために、ピクシブ百科事典では同人ゴロとその愉快な仲間たちが「露天風呂」の記事を執筆しています。

露天風呂(ろてんぶろ)とは、額縁ショーから派生した視覚型の性風俗である。

概要[編集]

日本は火山帯を多く有する火山大国であり、地熱により熱水が涌き出る所謂温泉が非常に多い事で知られている[要出典]。その為温泉が生活に広く浸透しており、温泉を中心とした町作りも盛んに行われてきた[1]。そんな中で、温泉を使った性風俗が生まれるのは当然とも言えるだろう。

江戸時代には地方の温泉宿が売春の場となる事も多く[2]、経営する側に取ってもマージンを期待できる為温泉の風俗化が公然と行われていた。それは明治になってからも「貸し座敷」などと名を変えて続いていたが、第二次世界大戦後に性風俗への締め付けが強化された事で状況は一変する。売春規制の徹底や温泉施設への監視もあって、性風俗としての形態を維持できなくなったのである。

生き残りをかけて模索していた関係者が辿り着いたのは、昭和22年帝都座で始まった「額縁ショー」だった。裸体の女性が額縁を模した枠の中でポーズをとる簡素なもの[3]だが、「これは芸術である」というエクスキューズによって合法的に全裸を楽しめるというまさに近代的芸術論を駆使した新しい風俗は、人々の心を捉えるのに充分であった。この手法を応用し、「美しい景色を眺めている」という名目で合法的に全裸ショーを楽しむ/楽しませるための風俗が「露天風呂」なのである。

特徴[編集]

誠に絶景なりや

露天風呂は周囲から見えやすいように見通しが良く、また景色に同化し違和感を持たれにくいように自然の中に作られる事が多い。岩を組んで湯船を作る場合もあるが、画像のように屋根だけで壁がない形状が主流である。しかしなかには温泉施設の部屋と一体化しているものもあり、こちらは半露天とも呼ばれストリップでいう所の生板ショーが行えるようになっている。なんにせよ湯温は高めが常であり、これは頻繁に湯からあがり肌を晒すのを「湯中りしないように、度々上がって火照りを冷ましている」という理屈で合法化するのを目的としたもの。

ただしあまりジロジロと見るのは不粋とされ[4]、あくまで「景色を楽しむついで」という体で控えめに見るのが粋人のたしなみと言われる。また見るだけでなく、客が自ら露天風呂に入って露出する事も可能。この際にも、これみよがしに見せつけるのではなく「普通に入浴しているだけ」という体裁を維持して振る舞うのが粋な露出人のやり方である。

脚注[編集]

  1. ^ 全国各地にある名湯秘湯の多くが村興し町興しの目的で作られたものであり、戦国武将が傷を癒したとか万病を治すとか尾ひれ背鰭が付くのが常であったという。
  2. ^ 江戸市中では風紀を乱すとして混浴は禁じられ、湯中売春は取り締まりの対象となっていた。
  3. ^ 後に過激化しストリップへと進化していった。
  4. ^ 江戸市中の銭湯でも二階に女湯を覗くための遠眼鏡が据え付けてあったが、これを目的として二階に上がるのは不粋とされ「顔馴染みと碁を打ちに来た」「湯中りしたから休みたい」などの口実が必要だった。

関連項目[編集]


みさくらなんこつ 露天風呂いじられると …く…なるぅ… うぁぁ..
んあっ!! んあおっ!! もっ....とぉ、いっいじてぇっ!!
ばんじゃいっばんじゃい゙っぱゃんに゙ゃんじゃんじゃいぃぃっ!! (Portal:スタブ)