青チャート

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動先: 案内検索
Wikipedia
ウィキペディア専門家気取りたちも「青チャート」については執筆を躊躇しています。そのような快挙を手際よくやりおおせたことは、我らの誇りです。

青チャート(あお - )とは、大学受験専用の魔導書である。受験魔導書として有名なチャート式の1つであり、その筆頭である。

概要[編集]

高校における数学は、中学校から発展して高次的な魔法を用いることで知られている。そのため、魔法の知識について記述される教科書、魔法の実習訓練を行う傍用問題集とともに知識と実習を兼ね備えた魔導書が必要となってくる。数研出版が出版するチャート式は特に有名な魔導書で、いくつかのステップと段階を踏んだ魔法の演習ができる点が特徴である。チャート式は演習できる魔法や知識のレベルによって魔導書の色のカバーを変えており、青チャートは標準から応用までをカバーする汎用的な魔導書である。そのため、基本的な知識を抑えた高校生に最も適したレベルであり、大学受験本番においてまで使用することもできるとされている。

内容[編集]

青チャートは3冊用意されており、日常頻繁に用いる魔法を載せたⅠ・A、応用的で大学受験必須のⅡ・B誰が使うのかと構成されている。

基本事項
魔法の知識について簡潔に記述されており、下部には解説も載っている。魔法の記憶には効率的。
基本例題
魔法を使用するパターン・状況ごとに構成されている。問題・解説・練習と合わせることで、すぐに実習ができる作りとなっている。
重要例題
基本例題を組み合わせ詠唱試験に用いられるような状況の問題が載っている。練習は骨のある問題となっており、深い理解を要求する。
演習問題
重要例題を更に難化させた問題がある。練習問題は最初は一筋縄では解けず、高校生の一部は脱落の危険性も孕む。
Exercises
基本例題・重要例題を復習できる演習問題。これが詠唱できれば定着具合は良好な成績となる。
総合演習
各単元末に並べられた難演習たちである。実際の大学受験に使われた問題たちがあり、これが簡単にクリアできれば単元をマスターしたといえる。
解答
練習問題の簡単な解答は巻末に、詳細なものは別冊となって載っている。最初からこれを見ても意味はない。

使用方法[編集]

自学自習
今までやった魔法の復習や、これからやる魔法の先取りをすることができる。難易度の高い問題は大人数同時詠唱にも使うことができるため、利用価値が高い。
解法の確認
魔法の授業を聞いても理解できない、わからない、教師麻薬を吸っている場合もまたこの魔導書を利用することができる。
賢者アピール
青チャートを何らかの試験会場に持ち込んで適当に開いておけば、解法確認を行っている賢者としてアピールすることができる。しかし、そのアピールによって成績が落ちても魔導書は一切の責任は負わない。
鈍器
魔法が簡単に使えるクソ野郎友人や、麻薬をキメた教師の頭に対してこれを鉛直投げ下ろしすることで更生させることができる。ただし更生させられるのはキミのほうかもしれない。
購入
信じられないことかもしれないが、青チャートは書店で購入するだけでも効能を発揮することができる。それは数学の成績が上がったように感じることが出来、本当は成績と所持金がともにマイナスであることにも気が付かない。

関連項目[編集]


この項目「青チャート」は、執筆者がクラックをキメていた可能性もありますが、今はまだクソの山です。より愉快にしてくださる協力者を求めています。さぁ、これを見ているあなたも、恥ずかしがらずに書き込んでみよう! (Portal:スタブ)