青函トンネル

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動先: 案内検索

青函トンネル(せいかんトンネル)は、本州青森県東津軽郡今別町浜名と北海道上磯郡知内町湯の里を結ぶ北海道旅客鉄道(JR北海道)と、津軽海峡連絡道路(津軽海峡道)の、「鉄道・道路併用トンネル」である。

Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「青函トンネル」の項目を執筆しています。
Undictionary Logo Text.png
この記事「青函トンネル」は何故かアンディクショナリーにも項目がありダブっています。どちらが真実なのかは神のみぞ知ります。

概要[編集]

津軽海峡の海底下約100mの地中を掘削して設けられたトンネルで、全長は53.85kmである。これは1988年(昭和63年)の開業以来、海底部を持つトンネルとしては世界一である。

鉄道のトンネルとなっており、トンネル断面は直径40mにも及ぶ。

「性感トンネル」「青姦トンネル」などと表記されることがあるが、共に誤った表記である。

経緯[編集]

1954年(昭和29年)の、いわゆる「洞爺丸事故」などをきっかけに建設されることとなった。あとの詳細は割愛する。

道路開通後は、青森 - 函館間に安価な高速路線バスが運行を開始したため、JRの快速「海峡」を廃止に追いやった。

海底にあるため施設の老朽化が早く、保守管理は、線区を管轄するJR北海道にとって大きな問題になっている。

なお、青函トンネルの中央部は、公海下部分のうち、約4.7kmを三厩村、約5kmを福島町に編入することとなり、津軽海峡道の「津軽海底SA」の住所は「青森県東津軽郡三厩村竜飛飛地」となった。

鉄道トンネル[編集]

青函トンネルを含む区間は海峡線となっており、北海道函館市 - 青森県青森市間を結ぶ津軽海峡線の一部だが、新幹線規格で建設されており、北海道新幹線も走行する。

長大なトンネル内の観光設備として、青函トンネル途中(海岸直下から僅かに海底寄り)に竜飛海底駅と吉岡海底駅が設置されていた。この2つの駅は、見学を行う一部の列車の乗客に限り乗降できる特殊な駅で、後者には青ダヌキの地底遊園地があった。新幹線の開通(次項で詳説)によって駅としての役目を終え、現在は竜飛定点・吉岡定点として、非常時や作業時の拠点となっている。

北海道新幹線[編集]

青函トンネルについては貨物・臨時列車なども引き続き通れるように三線軌条となっており、トンネル両側の奥津軽いまべつ駅と知内信号場に待避施設が設けられている。ただし架線の電圧が新幹線仕様になっているため、専用機関車であるEH800を除いた電車全般の入線は不可能となっている。

かつては新幹線型の貨物列車に在来線の貨物列車を積載して運ぶという“トレイン・オン・トレイン”方式の構想や、青森側・北海道側にそれぞれターミナルを建設してカートレインを運行させようという構想もあったが、いずれも立ち消えとなった。

走行車両[編集]

代表的な走行車両

  • E5系新幹線電車
  • H5系新幹線電車
  • EH800形電気機関車
  • E001形:寝台列車「TRAIN SUITE 四季島
  • B20形蒸気機関車:救援用として、木古内駅と奥津軽いまべつ駅にそれぞれ2両が常時待機している。

その他[編集]

青函トンネルは通信の大動脈でもある。青函トンネルの中にはソフトバンクテレコムが光ファイバーケーブルを敷設しており、北海道と本州を結ぶ電信・電話・孫の重要な管路となっている。